ここから本文です

iPhoneユーザーなら使わなきゃもったいない! 超便利なiPhone『Siri』の活用術

6/26(月) 19:30配信

エイ出版社

使い方が分からなければ、音声で使うのが一番

iPhoneの使い方として、とっても便利なのに、まだまだ使ってる人が少ないな……と思うのが、音声認識サービス『Siri』の活用。

『Hey Siri !(ヘイ、シリ!)』と呼びかけるか、ホームボタンを長押しするとSiriが起動します。そこで、話しかけるだけで、iPhoneはかなり便利に使えます。

人前で使うのは少し気恥ずかしいような気もしますが、まずは自宅で試してみて下さい。

たとえば料理中手が濡れている時に『Hey Siri! 8分計って!』と、Siriでパスタの茹で時間をタイマー設定する。また、夜眠くなった時に『Hey Siri!  明日、7時半に起こして!』と呼びかけて、ボタン操作をせずにアラームをセット……など、とても便利です。

まだまだある、Siriの便利な使い方

Siriの便利な使い方はもっとあります。

たとえば……。

・「○○への道を教えて!」で道案内。
・「○○さんに電話」で、電話。
・「○○を開いて」で、アプリ起動
・「9時にミーティングの予定を入れて」で、カレンダーアプリに予定を記入
・「今日の天気は?」で、現在位置の天気予報。
・「○○さんに「道が混んでいて10分遅れます」とメッセージ」で、その文面のメッセージを作成。
・「○○は今どこにいる?」で現在位置を探す(位置情報を共有している場合)。

みたいなことも可能です。

また、最近はもっと複雑なことも可能になっていて

・「LINEでメッセージを送信」というと、「どなたに送信しますか?」と聞いてきて、名前を答えると、「なんと送りますか?」と文面を聞いてくる。
・「Pinterestでレシピを検索して」で検索。
・「Facebookにある京都がタグ付けされた自分の写真」でFacebookの写真検索。
・「台湾で撮った写真を見せて」で、自分の写真の中から、位置情報が台湾になってる写真をセレクト。
・「○○の曲をかけて」で、そのミュージシャンの曲を再生
・「機内モードをオンにして」で機内モードに。

……など、驚くほど複雑なことも可能になっています。

外で使うのが少し恥ずかしければ、まずはコッソリと自宅ででも。ぜひ試してみて下さい。音声認識精度も驚くほど上がっています。また、多少の文章なら、音声認識で書いたほうが速いかもしれませんよ!

(出典:『知らないと損する! iPhone超便利テク100』)

村上タクタ

最終更新:6/26(月) 19:30
エイ出版社