ここから本文です

「生涯投資家」-なぜ村上ファンドは悪者で、バフェット氏は英雄なのか? --- 内藤 忍

6/26(月) 16:46配信

アゴラ

村上ファンドで知られる村上世彰さんの「生涯投資家」(http://amzn.to/2t4mCp9)を読みました。すべての個人投資家に必読の書籍として、一読いや繰り返し何度も読み返すことを強く推薦します。

村上ファンドと聞くと今でも「ハゲタカ」「金儲け」というネガティブなイメージを持っている人がいます。それくらい従来の日本の社会では異質でインパクトのある存在だったのだと思います。個人的に10年以上前に、マネックス証券のイベントに登壇をお願いするために村上さんのオフィスでお会いする機会がありましたが、その時は早口で自分の主張を理路整然としゃべりまくるカミソリのような人という印象でした。ご本人も反省しているというコメントが随所に出てきますが、誤解を招く行動や言動がその才能や卓越した先見性の邪魔をしていたことがあったと思います。

この本には東京スタイル、ニッポン放送とフジテレビ、阪神電鉄、といったかつて大騒動になった案件について、当事者としての視点から冷静な事実の確認とその時に感じたことが率直に語られています。

読み進めていくと、村上氏がいかに日本のコーポレートガバナンスの機能不全を危惧し、それを是正するために奮闘してきたかが良くわかります。官僚出身というキャリアですが、官僚を辞めて投資家になってからの方がむしろ真に国家のことを考え、ピュアに行動しているようにさえ感じます。

他人の資金を預かって増やさなければならない投資家という側面ばかりが強調されて誤解されているのは、本人にとっても残念でしょうが、それ以上に日本の資本主義の健全な発展にとっても大きな損失になっているのです。

しかし、ニッポン放送のインサイダー取引事件の裁判では、裁判官から「徹底した利益至上主義には慄然とせざるを得ない。」と投資の存在を根本から全否定され、日本の株式市場の「あるべきではない姿」は議論されることは無かったと回顧しています。村上さんのあるべき姿を純粋に追求していく手法は、変化を好まない既得権益を持つ日本人からは忌み嫌われ、世論もその流れに操作されていったことはとても残念です。

一番心に残ったのは「おわりに」に書いてあった、なぜ村上さんがこの本をこの時期に書こうと思ったかという理由です。ここには書きませんが、村上さんの今までの人生に対する思いが最後の数ページに詰まっているように感じ、カミソリのイメージとは対極の慈悲深いお人柄を感じることができました。

投資家というのは、楽をしてお金を動かして儲ける仕事ではありません。世の中にある「歪み」を見つけ割安なものを評価し、割高なものを修正することによって、世の中を良くしていく仕事だと思っています。その過程での社会に対する貢献の対価が投資のリターンなのです。

同じ徹底したバリュー投資家でも、日本では村上さんが悪者扱いされ、アメリカではウォーレンバフェットが英雄視されるのは何故なのか?村上さんのような改革者が日本においても評価されることが、これからの日本の資本主義の変革の証になる。そうなれば日本の株式市場はこれまで以上に投資家から評価されることになると思います。

<必読図書>
「生涯投資家」 村上世彰(http://amzn.to/2t4mCp9)


※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所をはじめとする関連会社は、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2017年6月25日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログ(http://www.shinoby.net/)をご覧ください。

内藤 忍

最終更新:6/26(月) 16:46
アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ