ここから本文です

横浜FMエースが華麗な“股抜き”で魅了! 今季無得点の現状には「入りません。でも…」

6/26(月) 21:18配信

Football ZONE web

齋藤がツイッターを更新、神戸戦に言及

 横浜F・マリノスのMF齋藤学が、25日に本拠地・日産スタジアムで行われたJ1第16節ヴィッセル神戸戦(2-0)で華麗なプレーを見せた。

【動画】ドリブラー齋藤が魅せた! 華麗な“股抜き”で相手DFを無力化

 0-0で迎えた前半18分、右サイドでDF金井貢史からボールを受けると、神戸MF三原雅俊のチェックをかわしながら前方のMF天野純に一度ボールを預けて、ペナルティーエリア手前でリターンパスをもらう。左足でトラップして前を向くと、2タッチ目で前方にいた神戸DF渡部博文の股下にボールを通してエリア内に侵入。完璧な突破でGKキム・スンギュと1対1のシーンを迎えた齋藤だったが、ゴール左隅を狙ったシュートは逆サイドから間合いを詰めたDF北本久仁衛にブロックされて、ボールはゴールバーの上を越えた。

 シュートが外れた瞬間、齋藤は悔しさを露わにした。今季からジュビロ磐田に移籍したMF中村俊輔の背番号10を受け継ぎ、名実ともに横浜FMのエースとして君臨しながら、公式戦でいまだ無得点が続く。

 そのもどかしさは、齋藤自身が感じている。26日に自身の公式ツイッターを更新。投稿されたメッセージの「入りません」という書き出しに、悔しさがにじみ出ている。だが齋藤は、チームのキャプテンとしてその悔しさを胸にしまい、以下のように続けた。

「なにが大切か、勝つこと」

「でも、勝ちました。なにが大切か、勝つこと」

 横浜FMはこの日、神戸に2-0と勝利してリーグ戦4連勝。第11節ヴァンフォーレ甲府戦(1-0)から6戦無敗(5勝1分)としたチームは、首位柏レイソルと勝ち点5差の5位をキープしている。今冬に欧州クラブへの移籍が噂されながら残留を決意し、タイトル獲得へ並々ならぬ意欲を燃やす齋藤は、チーム一丸となった快進撃に手応えを感じつつ、最後は「練習します^ ^」と自らを奮い立たせる一言で締め括っていた。

 次節は7月1日に敵地で15位の大宮アルディージャ戦、その後はサンフレッチェ広島、清水エスパルスとリーグ下位との対戦が続く。エースとして待望の一撃を叩き込み、チームの連勝をさらに伸ばしたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文・写真 text & photo by Football ZONE web

最終更新:6/26(月) 21:46
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新