ここから本文です

中3時には川崎U-18のエースに君臨した宮代大聖。U-17W杯では久保建英と共演も?

6/26(月) 11:30配信

SOCCER DIGEST Web

将来を嘱望されるストライカー。

 今年の10月、日本はインドで開催されるU-17ワールドカップに出場することが決定している。この大会には、先日のU-20ワールドカップに選出されたFC東京U-18の久保建英も出場する可能性があり、さらに能力は久保に勝るとも劣らないとも言われている同僚の平川怜も有力なメンバー候補だ。ただ、多摩川を挟んで反対側のチームにも、この世代を代表する選手がいることを覚えていてほしい。
 
 自身の特徴を「決定的なところを決めきる力や背後への動き出し」と語る川崎フロンターレU-18に所属するFWの宮代大聖は将来を嘱望されているストライカーである。中学生時代からその天性のゴールセンスは際立っており、U-18の試合にも飛び級で出場していた。
 
 プリンスリーグやJユースカップという公式戦でも得点を挙げるなど、その存在感は上級生を凌ぐほどで、中学3年の頃には高校年代の中でやっていても周囲と遜色なくプレーでき、トップチームの練習試合にも参加していたほどだ。
 
「あの年代にしたら飛び抜けていると思います。高3とやっても、『あいつ中3なの?』と相手も驚いていました。中3の時からエースですし、あいつがいないと本当にゲームがスムーズに回っていかない」
 
 今野章監督も、宮代が高校に進級したタイミングでこうした評価を述べていた。ただ、大きなインパクトを残した中学3年時から一転、高校生になり正真正銘U-18の一員となった昨季は思うような活躍ができなかったと、今野監督は続けて語る
「そのままの感覚できたけど、通用しなくなってきた部分があった。壁にぶち当たりました」
 
 しかし、2年生になった今年は一転して好調を維持している。プリンスリーグ関東で2位につけるチームにおいて6試合・4得点を記録し、クラブユース関東予選でもプレミアリーグに所属する横浜、鹿島、大宮という3チームを撃破する原動力になった。
 
「去年苦しんだ分、背後へのランニングやキープとかドリブルで持っていって仕掛けていくところ、彼の良い所がパワーアップしている。守備のところの意識もあるので。クラブユースも彼のおかげという面があった。彼がキープしてくれることで10メートル、20メートルとラインが上がっていくし、サポートもできるしパスもできる」(今野監督)
 

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 11:30
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)