ここから本文です

【G大阪】シュート4本は空砲に…試合後に猛省した倉田がなにより悔やんだのは?

6/26(月) 17:00配信

SOCCER DIGEST Web

「チャンスを(自分が)決めていれば勝てる試合だった。そこは申し訳ない」

[J1・16節]G大阪1-1川崎/6月25日/吹田S

 前節の神戸戦(1-0)で長沢駿の決勝ゴールをアシストした倉田秋だが、この日は目に見える形で結果を残せなかった。

【G大阪1-1川崎】堂安 ラストマッチPHOTOS

 4-3-1-2のトップ下で先発したこの日のプレーは決して悪くはなかった。立ち上がりからドリブルやパスを織り交ぜながら攻撃を牽引。豊富な運動量に物を言わせながら、前線からの守備にも奔走した。

 それでも本人が「3回、4回くらいチャンスがあったので、そのチャンスを(自分が)決めていれば勝てる試合だった。そこは申し訳ない」と猛省したように、再三の決定機を逃したのは反省点だろう。

 前半だけでも少なくとも2度の決定機が訪れ、堂安律が放ったシュートのこぼれ球に反応し右足を振り抜いた12分の場面に続き、43分にも遠藤保仁、堂安とつながれたパスを受けて絶好のチャンスを迎えたが、どちらも決められなかった。

「パスという選択もあったけど、自分で決めたいっていう気持ちが出た。そこを決め切らないといけない」

 ここまでチームトップタイの6得点中とあって、両チーム最多タイとなるシュート4本を放つなど、貪欲に得点を狙う姿からも結果へのこだわりは十分に感じられた。だが、どれも空砲に終わったのだから、心が晴れなかったのは当然だろう。

 またこの試合が、オランダ1部リーグ・フローニンゲンに期限付き移籍する堂安の国内ラストマッチだったという事実も、悔しさを増幅させた一因だ。

「(堂安を)良い形で送り出したい気持ちもあったのでそれができずに残念。向こうでたぶんガンバの試合を見ると思うので、良い結果を出して刺激を与えられれば」

 欧州へと旅立つ後輩を後押しすべく、背番号10はさらなる活躍を誓った。



取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/26(月) 17:00
SOCCER DIGEST Web