ここから本文です

豪州敗退…ドイツとチリがベスト4へ。準決勝のカードも決まる

6/26(月) 1:58配信

フットボールチャンネル

 現地時間25日、コンフェデレーションズカップ2017のグループB最終節が行われた。ドイツとチリがグループ突破を決めている。

勝ち点差1の三つ巴から日本突破なるか… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 首位チリは、勝ち点3差で3位のオーストラリアと対戦し、1-1と引き分けた。

 2点差以上で負けなければグループ突破を決められるチリは、序盤から主導権を握り、何度もチャンスをつくる。しかし、これに耐えたオーストラリアが42分に先制した。チリがGKからのビルドアップでミスをすると、この好機をうまくいかして1-0として折り返す。

 他会場では2位ドイツがリードしており、オーストラリアは突破に必要な2点目がほしい。だが、チャンスの数は増えない。

 するとチリは67分に同点弾。相手がクリアしたボールを倒れていたビダルが無理やり頭でつなぐと、ゴール前でバルガスの落としを受けたマルティン・ロドリゲスが決めて1-1となった。

 これで厳しくなったオーストラリアは再び勝ち越すことができず、引き分けで試合終了を迎えている。

 ドイツ対カメルーンの一戦は、3-1でドイツが勝利した。後半に立ち上がりに先制したドイツは、相手が退場者を出したこともあり試合を優位に進める。67分、82分にはヴェルナーにゴールが生まれて勝ち点3を手にした。

 この結果、首位通過はドイツで2位通過はチリに決定。オーストラリアとカメルーンは敗退となった。

 準決勝の対戦カードは、ポルトガル対チリ(28日)、ドイツ対メキシコ(29日)となる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ