ここから本文です

またもビデオ判定が混乱生む…映像確認したあげく間違った選手にレッドカード

6/26(月) 7:22配信

フットボールチャンネル

 ロシアで開催中のコンフェデレーションズカップ2017で、試験導入されているVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がまたしても混乱を生むことになった。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 現地時間25日にはグループBの第3節が開催され、ドイツ代表とカメルーン代表が対戦。だがこの試合の後半に問題が生じた。

 カメルーンのDFエルネスト・マブカがドイツのエムレ・ジャンに対して足を高く上げての危険なタックルを食らわせたあと、ウィルマー・ロルダン主審はVARに確認を求めた。だが映像確認後に主審がレッドカードを提示した相手は、ファウルの場面には関与していなかったセバスティアン・シアニだった。

 カメルーンの選手たちは激しく抗議したが、それでもシアニは判定を受け入れてピッチを後にしようとした。だがロルダン主審は改めてピッチサイドで映像を確認したあと、判定を訂正してマブカにレッドカードを提示した。

 主審が正しい判定を下す助けとなることを目的として導入試験が行われているVARだが、今大会では得点の判定変更などをめぐって混乱を生む場面が目立っている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)