ここから本文です

ドイツ代表監督、通算150試合目で100勝達成! 「選手たちには感謝している」

6/26(月) 16:00配信

フットボールチャンネル

 現地時間25日、ドイツ代表はロシアで開催されているコンフェデレーションズカップ2017のグループBの最終節でカメルーン代表と戦い3-1で勝利した。なお、この試合でドイツ代表ヨアヒム・レーブ監督は代表監督通算150試合目となり、通算勝利も節目の100となった。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 2011年から代表監督を務めるレーブ監督は節目の150試合を戦い100勝27分け23敗という記録を残している。その間に挙げたゴールは364で失点は140だ。また、2大会のワールドカップと3大会のEUROを戦い、その全てで準決勝以上に進むという安定した成功を収めており、2014年ブラジルW杯では24年ぶりの世界制覇も成し遂げた。

 試合後、ドイツ国営放送『ZDF』のインタビューに答えたレーブ監督は「基本的に数字は二の次ではあるが150試合で100勝を記録できたことはとてもうれしい。選手たちには感謝している」とコメントしている。

 なお、これまでレーブ監督が起用してきた選手の数は120人に上る。その中の一人でユベントスに所属するMFサミ・ケディラは自らのツイッターに「代表チームの準決勝進出と監督の通算100勝目、おめでとう」と投稿している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)