ここから本文です

ドルト、デンベレ流出に備えメキシコ代表FWに興味か。獲得には60億円超が必要

6/26(月) 17:00配信

フットボールチャンネル

 ドルトムントは同クラブのフランス代表FWウスマン・デンベレが移籍した場合、ポルトに所属するメキシコ代表FWヘスス・コロナの獲得を検討しているようだ。

香川は35得点で2位 ブンデスリーガ日本人得点ランキング 1位は…

 先日、スペイン紙『アス』がバルセロナは移籍金7000万ユーロ(約84億円)でデンベレにオファーを出すと伝えていた。この件に関しドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「交渉の余地はない」と移籍の可能性を完全否定したが、9000万ユーロ(約108億円)以上のオファーが来ればドルトムント幹部もデンベレ放出も検討するとも報じていた。

 25日付けのメキシコメディア『Televisa Deportes』はヘスス・コロナがドルトムントの獲得リストに入っていると報じ、スペイン紙『Mundo Deportivo』ではデンベレは数週間以内にバルセロナとコンタクトを取るため、ドルトムントはコロナを獲得する準備があると報じている。

 コロナはデンベレ同様スピードに乗ったドリブルからゴールを奪うタイプの選手である。2020年までポルトとの契約を結んでいる24歳のストライカーには5000万ユーロ(約60億円)の契約解除金が設定されているようだ。

 2015年からポルトで活躍するコロナは今季リーグ戦29試合に出場し3得点6アシストを記録している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)