ここから本文です

【そばの実レシピに挑戦!】その3 そばの実でガレットとラザニアを作って そばの香りを堪能してみた

6/27(火) 10:38配信

オーヴォ

 自宅ベランダで「そば」を栽培中の編集部員みゅうちぇるです。1カ月程前にまいたそばの実が早くも60センチ程に成長。種まきから収穫までわずか75日というスピードで成長する「そば」は、現在、早くも白い花をつけていて、そばの実の収穫が楽しみです。

【写真】関連情報を含む記事はこちら



 日本の代表食材の「そば」は豊富なでんぷん質を中心に、ビタミン、食物繊維、そしてポリフェノールの一種の「ルチン」を含み、とても栄養価が高いと食材として知られています。また、フランスのブルターニュ地方でも古くから、「そば」が主食とされ、小麦粉の代わりにそば粉で作られたガレット(クレープ)が食卓に上り、食文化として根付いています。

 それでは「そば」の濃厚な風味をより楽しむために、今回は「そばの実」(栃木・佐野大黒屋)を使ってガレット作りにチャレンジしてみたのでご紹介致しましょう。



─ 材料 ─
そばの実(なければそば粉)
牛乳



きのこ
チーズ
ブラックペッパー

1.まずそばの実をフードプロセッサーなどで少し粗めの粉末にする。





2.粉末にしたそば粉に牛乳、卵、水、塩を少しずつ加え、ダマにならないようにかき混ぜ、ガレット生地を作る。(できれば一晩寝かせる)



3.フライパンに油をひき、中火で温める。
4.生地をフライパン全体に流しいれ、広げる。





5.生地に小さな穴があいてきたら、きのことチーズをソテーしたもの中央にのせ、生卵をトッピングする。好みでブラックペッパーを振る。



6.生地の四隅を内側に折り曲げて完成。

 今回、「そばの実」から生地を作ってみましたが、そば粉にはない「そば」の粒々感と濃厚なそばの香りを存分に楽しむことができました。感想は香りが鼻から抜けていくような上品な香りです。また、トッピングは、きのこ、チーズ、生卵を使い、生卵がガレットのソースとなりおいしかったですが、バリエーションとして生野菜などを使い、サラダ仕立てにしたり、季節のフルーツなどを使ってお子さんのおやつにもよいかもしれません。



 またラザニアがマイブームなみゅうちぇるは応用編として、ガレット生地を使ったラザニアも作ってみました。ガレット生地、ミートソース、ガレット生地、ホワイトソースの順で重ね、チーズをかけ、オーブンでこげ色がつくまで焼くという簡単なものです。ガレット生地が余ったときはこんなメニューにチャレンジしてみるのもおすすめです。

※そばアレルギーのひとは十分に注意してください

最終更新:6/27(火) 11:21
オーヴォ