ここから本文です

「残業よりデート」という新入社員が増えている? 「働くことの意識」調査

6/27(火) 11:39配信

オーヴォ

 今年の新入社員は、働くことについてどう思っているのだろうか? 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」と日本経済青年協議会は、平成29年度新入社員1,882人を対象にした「働くことの意識」調査結果を発表! この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来49回目を数え、過去の新入社員との比較で今と昔の意識の差を知ることができる。

 まず、「働く目的」を聞くと、「楽しい生活をしたい」が過去最高を更新(一昨年度37.0%→昨年度41.7%→42.6%)し、反対に「自分の能力をためす」は過去最低を更新(13.4%→12.4%→10.9%)、「社会に役立つ」も減少傾向(12.5%→9.3%→9.2%)となった。年を追うごとに“仕事人間”が減っている様子で、物足りないと思う古い世代の先輩社員が多いかもしれない。また、「人並み以上に働きたいか」では、過去最高だった昨年度より減少したものの「人並みで十分」が高い水準を維持(一昨年度53.5%→昨年度58.3%→57.6%)した。

 例年、注目される「デートか残業か」の質問でも、「残業」(一昨年度80.8%→昨年度76.9%→71.0%)、「デート」(19.0%→22.6%→28.7%)と、「デート派」が徐々に「残業派」を追い詰めている様子。一方、「若いうちは進んで苦労すべきか」との質問では、「好んで苦労することはない」が過去最高(一昨年度23.0%→昨年度26.0%→29.3%)となった。

 さらに、昨年度と今年度の回答比較で、「上司や同僚が残業していても自分の仕事が終わったら帰る」(38.8%→48.7%)、「同僚、上司、部下と勤務時間以外はつきあいたくない」(20.7%→30.8%)などが10ポイント以上増えるなど、オジさん、オバさんにとって、う~むと唸ってしまいそうな結果となった。

最終更新:6/27(火) 11:39
オーヴォ