ここから本文です

阿部サダヲ、歌って踊って「ここまで変わるの!」 「髑髏城の七人 Season鳥」に主演

6/27(火) 17:04配信

エンタメOVO

 劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season鳥」プレスコールが27日、東京都内で行われ、出演者の阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子が初日公演に向けてコメントを寄せた。

 都内、豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」のこけら落とし公演として上演されている「髑髏城の七人」の第2シーズン目「Season鳥」は、歌と踊りの要素を強化してショーアップ。これまでの硬派なイメージをがらりと変えた主人公・捨之介を演じる阿部は「不安もすっごくありますけど、楽しみの方が多いです。とにかく殺陣頑張ります」と意気込みを語った。

 前シーズン「Season花」に主演した小栗旬から引き継いで座長となった阿部は、本作の見どころを「自分が出ていないシーンを見ていて、歌と踊りがこの劇場にとても合っている気がします。『髑髏城の七人』という1つの作品がここまで変わるの!」と驚きとともにアピールした。

 天魔王役の森山は「(演出の)いのうえ(ひでのり)さんにとっても、まだ可能性を秘めた劇場なので、前シーズン『花』とくらべても、この劇場をより効果的に使った演出になっています。そして、それは『風』『月』と継続されていくことでしょう」と期待を寄せ、「まずはとにかくけがのないように、75公演走り抜けられたら」と気合十分に語った。

 無界屋蘭兵衛を演じる早乙女も「今回、特にショーアップされたチームになりエンターテインメント性がものすごく強く、歌、踊り、殺陣と、かなり華やかな演出になっていて見どころは盛りだくさんです」と自信たっぷり。

 極楽太夫役の松雪は「何より、捨之介の描かれ方が今までにはない表現になっていまして、蘭兵衛、天魔王との関係性もより際立っているように感じます」とコメントした。

 舞台は27日~9月1日に都内、IHIステージアラウンド東京で上演。

最終更新:6/27(火) 17:04
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!