ここから本文です

木村拓哉、表紙を飾った映画雑誌の売り上げが激減していた!

6/27(火) 16:00配信

週刊女性PRIME

「考えごとをしていて、ブレーキを緩めてしまいました」

 6月20日、東京都調布市の甲州街道で玉突き事故が発生した。幸いにもケガ人は出なかったが、この事故を引き起こしたのは木村拓哉だった。

「現場は交通量が多く、接触事故が頻発する場所だったようです。木村さんは信号待ちをしていたバイクに追突。はずみでそのバイクが前方の車に追突するという、3台が絡む事故でした。娘さんが今年の4月から通い始めた学校への送迎の最中だったようです」(スポーツ紙記者)

 木村は自ら通報して真摯に対応しているが、取り調べに対して、冒頭のように述べたという。このひと言が世間をザワつかせた。

「事故が起こった日は、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが9月8日の契約満了をもって正式に事務所を離れることと、中居正広さんが事務所に残留することが報道された直後。

 木村さんの“考えごと”についての憶測が飛び交いました。“もしかして、SMAPが離ればなれになってしまうことを考えていたのではないか……”と、考えた人も、少なくなかったのでは」(芸能レポーター)

 木村と同じく残留の道をたどることになった中居。彼が事務所に残ることになったのには、現在放送されている番組への“義理”があった。

「レギュラーを5本抱える中居さんだからこそ、独立したら番組が打ち切りになり、多くのスタッフが路頭に迷ってしまう。だから、独立を踏みとどまったという話もありました」(番組制作スタッフ)

“裏切り者”の烙印を押された木村拓哉

 中居の残留に気もそぞろなのが、'16年8月にすでに残留の意思表示をしていた木村だ。解散が、騒動から現実になってしまったこの1年半の間に、SMAPの中でも圧倒的な“カリスマ”だったキムタクは、“裏切り者”という烙印を押されてしまった。こういった世間の声は、ダイレクトに人気に反映されている。

「今年1月から3月までの主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の最終回は、同期最高平均視聴率16・0%を記録したものの、第4話では主演連ドラ自己ワーストの12・3%。また、4月29日から公開された主演映画『無限の住人』はカンヌ国際映画祭の特別招待作品に選ばれましたが、公開初週はランキング6位と出遅れました」(前出・スポーツ紙記者)

 同映画のプロモーションでは、さまざまな雑誌の表紙に登場した木村。世間のネガティブなイメージを払拭するために、珍しく個別インタビューも幅広い媒体を受け付けたが、とある映画雑誌の編集者は語る。

1/3ページ

最終更新:6/27(火) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)