ここから本文です

ツール・ド・フランス参加選手発表:モビスター、バーレーン・メリダなど4チーム

6/27(火) 9:28配信

CYCLE SPORTS.jp

新城幸也、7度目の出場決定!

開幕まであと5日になった第104回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、ナショナル選手権終了後の6月26日に、先にお知らせした7チームに加え、さらに4チームが参加選手の発表を行った。これで参加22チーム中、20チームの選手が出揃った。

クリストファー・フルーム(チームスカイ)の最大のライバルである、ナイロ・キンタナ(コロンビア)の総合初優勝をアシストする無敵艦隊モビスターチームの布陣が発表された。2周間前にすでに出場が決定していた37歳のアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)は、10回目のツールになる。

27歳のキンタナは、2014年にジロ・デ・イタリア、2016年にブエルタ・ア・エスパーニャで総合優勝。ツールは2013年、2015年に総合2位になり、昨年も総合3位でパリの表彰台に上がった。

キンタナは5月にジロで2度目の総合優勝を目指したが、最終日の個人タイムトライアルでオランダのトム・ドゥムラン(チームサンウェブ)に逆転され、総合2位でレースを終えている。その疲労がどれくらい残っているかが、鍵になりそうだ。

●モビスターチーム(スペイン)のツール参加メンバー
ナイロ・キンタナ(コロンビア)
アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
アンドレイ・アマドール(コスタリカ)
ダニエーレ・ベンナーティ(イタリア)
カルロス・ベタンクール(コロンビア)
ヨナタン・カストロビエホ(スペイン)
イマノル・エルビティ(スペイン)
ヘスス・エラダ(スペイン)
ヤッシャ・ズッターリン(ドイツ)


今年創立20周年を迎えたフランスのエフデジは、5月のジロ・デ・イタリアで総合4位になったティボ・ピノーがマイヨ・ジョーヌ獲得を目指し、日曜日のフランス選手権で優勝し、栄えあるトリコロールのフランスチャンピオンジャージでツールに出場するアルノー・デマールが区間優勝を狙う。27歳のピノーは、2014年のツールで総合3位になってパリの表彰台に上がったが、昨年は前半のピレネーで遅れて早くも総合争いから後退し、第13ステージを出走せずリタイアしている。25歳のデマールは、2014年と2015年のツールに参加しているが、まだ区間優勝したことはない。

●FDJ(フランス)のツール参加メンバー
ダヴィデ・チモライ(イタリア)
ミカエル・ドゥラージュ(フランス)
アルノー・デマール(フランス)
イグナタス・コノヴァロヴァス(リトアニア)
ヤコポ・グアルニエーリ(イタリア)
オリヴィエ・ルガック(フランス)
リュディ・モラール(フランス)
ティボ・ピノー(フランス)
アルチュール・ヴィショ(フランス)


新チームのバーレーン・メリダ(バーレーン)は、初参加となるツール・ド・フランスに、ツール初出場のソンニ・コルブレッリ(イタリア)と、スペインのヨン・イサギレのダブルエースで挑む。日本の新城幸也は、7度目のツール出場が決まった。

●バーレーン・メリダ(バーレーン)のツール参加メンバー
ヤネズ・ブライコヴィッチ(スロベニア)
オンドレイ・ツィンク(チェコ)
新城幸也(日本)
ツガブ・グルマイ (エチオピア)
ヨン・イサギレ(スペイン)
ソンニ・コルブレッリ(イタリア)
ボルト・ボジッチ(スロベニア)
ハビエル・モレノ(スペイン)
グレガ・ボレ(スロベニア)


米国のキャノンデール・ドラパックは、6月23日からTwitter上で参加メンバーを1人ずつ発表し、26日にすべての選手が揃った。総合のエースは米国のアンドリュー・タランスキーとコロンビアのリゴベルト・ウランが務める。26歳のタイラー・フィニー(米国)はこれがツール初参加となる。

●キャノンデール・ドラパックプロフェッショナルサイクリングチーム(米国)のツール参加メンバー
アルベルト・ベッティオール(イタリア)
パトリック・ベヴィン(ニュージーランド)
ネイサン・ブラウン(米国)
サイモン・クラーク(オーストラリア)
アンドリュー・タランスキー(米国)
タイラー・フィニー(米国)
ピエール・ローラン(フランス)
リゴベルト・ウラン(コロンビア)
ディラン・ファンバールレ(オランダ)

最終更新:6/27(火) 9:28
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)