ここから本文です

「倒しても漏れない」専用シリコン蓋&WECKのガラス製容器で保存

6/27(火) 11:10配信

ライフハッカー[日本版]

ちょっとオシャレに冷蔵庫の食材を保存してみてはいかがだろうか。

作った料理の保存や、弁当箱として。キッチンまわりはもちろん、細々したものや趣味の道具を入れるのにも役立つ保存容器は、生活のさまざまなシーンで活躍するアイテムだ。

【画像】「倒しても漏れない」専用シリコン蓋&WECKのガラス製容器で保存

プラスチックやガラス製、形や大きさも、いろいろな用途に合ったものが発売されている。

その中でも人気が高いブランドといえば、100年以上前からドイツの家庭で親しまれている「WECK」。煮沸密閉すれば、逆さにしても中身が漏れず、安心して使うことができる。

現在全29型あり、砂糖や塩、小麦粉などやジャム、きんぴらごぼうに梅ぼし、コーヒー豆、だし汁など、粉物から汁物までの保存に対応。そのまま食卓に出してもシンプルで素敵な食器として使えるのもよい。

そして、さらに「WECK」の使い勝手を向上させるアイテムとして、クリップ&パッキンで留めるよりも簡単で、密閉度の高いシリコン製専用蓋が発売された。

この蓋を使えば、液体を入れて横にしても漏れない。ドアポケットや野菜室にしか入れることができなかった大型容器も、横にして棚にしまうことができる。昆布を一晩つけて出汁を取ったり、自家製ジュースを保存したり、ドレッシングの保存もお手のものだ。乾物なをしまっておくのにも重宝する。

これでオフィスやアウトドアなどに弁当を持って出かける時にも、汁漏れなどを気にしなくてよくなりそう。

ちなみに「WECK」で瓶詰めすることを意味する「einwecken(WECKする)」という言葉が、正式なドイツ語の単語として認められているという。それほど、人は保存するという文化を大切にして生きてきていると言えるだろう。もちろんドイツだけでなく、日本でも。

これからも「WECK」とともに、大切なものを、明日へ、未来へ保存しよう。


倒しても漏れない。専用シリコン蓋&WECKのガラス製容器で、かしこく保存 | ROOMIE

(林 美由紀)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。