ここから本文です

イブラ、来年1月に8年ぶりのリーガ再上陸の可能性浮上! アトレチコとニーズが合致

6/27(火) 10:10配信

Football ZONE web

現在リハビリ中のイブラ、リーガ3位クラブが移籍先に急浮上と伊紙報道

 マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチはプレミア移籍1年目で公式戦28得点と爆発したが、4月のUEFAヨーロッパリーグで右膝前十字靭帯を断裂し、今季限りでの退団が濃厚となっている。年内絶望と報じられる重傷を抱えたカリスマだが、来年1月にリーガに再上陸を果たす可能性が急浮上している。イタリア地元紙「トゥット・スポルト」が報じた。

【動画】衝撃のスコーピオンキック弾! クラブ選定のユナイテッド「2016-17ベストゴール」

 イブラヒモビッチは35歳にして衰え知らずのプレーをイングランドで見せたが、キャリアに大打撃を与える重傷を抱え、現在はリハビリを進めている。

 移籍先にMLSのLAギャラクシーなど浮上するなか、イブラの状況と完璧にニーズが合致するクラブが浮上した。それはリーガ3位のアトレチコ・マドリードだ。

 アトレチコはリヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット、チェルシーFWディエゴ・コスタの獲得交渉を進めていたが、FIFA(国際サッカー連盟)から未成年の外国人選手補強に関する規約違反で、1年間の補強禁止処分を受けている。スイス・ローザンヌのスポーツ仲裁裁判所に処分撤回を求めたが、FIFAの裁定は覆らず、今夏の補強禁止は継続となった。

来年1月に選手登録を行う戦略

 アトレチコはこの苦境でリハビリ中のカリスマを1月の補強リストに入れたという。イブラはアトレチコでリハビリを進め、来年1月に選手登録を行う戦略を進めているという。

 イブラは2009年にインテルからバルセロナに加入した。リーグ戦29試合16得点という結果を出し、リーガ優勝に貢献したが、当時のペップ・グアルディオラ監督との確執も浮上。わずか1年でスペインを去ることになった。

 バルセロナでは本領発揮といかなかったイブラだが、8年ぶりのリーガ再上陸でビッグインパクトを残すことができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/27(火) 10:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新