ここから本文です

“アラフィフ世代が作るブランド” のTシャツはすごい!

6/27(火) 19:00配信

集英社ハピプラニュース

体型の悩みをカバーし、旬の香りもほどよく漂う。同世代デザイナー&ディレクターの作るTシャツには私たちを後押ししてくれる、こまやかでうれしい配慮がそこかしこに。選ぶべき理由もあわせてご紹介します。

“アラフィフ世代が作るブランド” のTシャツをもっとチェック

■MADISONBLUE(マディソンブルー)
スタイリスト・中山まりこさんによって’14年にスタートした『マディソンブルー』。これまでにないハイエンドなカジュアルスタイルの提案が、世の多くの女性の心をつかみ、その人気ぶりは健在。スタイリングの軸となるVネック白Tシャツは、大人のデコルテを美しく引き立たせるための大胆なカッティングが特徴。ほどよく肉厚でシルキーなコットン素材で、一枚でもインナーにしても美しくスタイリッシュに印象づく。短めの袖丈も、実は腕を細く見せるのに効果的という逆転の発想も新鮮。

深め&シャープなVネックが大人のデコルテを美しく。上半身をコンパクトに印象づけて、ワイドボトムをすっきりと。大胆なVデザインも、大人の余裕でさらりと着こなしたい。

Tシャツ¥15,000/マディソンブルーヘッドストア(マディソンブルー) パンツ¥33,000/クルーズ(ELIN) サングラス¥30,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー バングル¥72,000/ザ・ショーケース GINZA SIX店(シェイスビー) バッグ¥9,500/ヒューマン ウーマン

eclat7月号掲載 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK/モデル) 坂根綾子(静物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子(モデル) 日置 彩(静物) モデル/田沢美亜 取材・文/松井陽子(モデル) 新田幸子(静物) 撮影協力/BACKGROUNDS FACTORY