ここから本文です

伊野尾慧になら、振り回されるのも悪くない。 [FRaU]

6/27(火) 18:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

この春に公開した『ピーチガール』で映画デビューを果たした伊野尾慧。
永野さん演じる “ちょっと腹黒い女の子” の沙絵の話に及ぶと「リアルじゃあんまりいないというか……。え、いるの!? 女性って怖いですね……。俺は知らないまま生きていきたいなって思います」と笑った。

27歳になった今でもカワイイって言われるのは嬉しい

今は朝の情報番組をはじめ活躍が目覚ましい伊野尾さん。これまでグループのメンバーが次々と先に活躍していくことに関しては、あまり焦りはなかったそうだ。

「葛藤とかもどかしさとか、そういったのは無かったかなぁ。その分大学に通えたり、仕事以外のことも出来たことはすごくよかったなって思っていて。早くからこの世界に入っていることもあって、積極的に人とコミュニケーションを取るのがあんまり得意じゃなかったんですよね。でも、大学時代に所属してた都市計画の研究室の先生が、そういう交流をすごく大事にする方で。そのお陰で、接点のない人と喋ったりすることも好きになりました。

もともと人気とかポジションとかへのこだわりはそんなになくて、基本的に自分のやりたいこととか言いたいことを言って、楽しんでたいんで」
マイペースのように見えるけれど、「そうでもないよ(笑)」とサラッとかわされる。そんな捉えどころのなさも魅力だ。カワイイとカッコイイを行き来する、不思議な男の子。

「大人になった今でも “カワイイ” って言ってもらえるのは嬉しいですよね。ただ、年上の女性に言ってもらえるのは分かるんですけど、年下や小学生に言われると正直ちょっと複雑な心境(笑)。どんなリアクションとっていいのやら。カッコイイもカワイイも、両方言われたいかもしれないです」

今をときめく人気者が思う、カッコイイ人とは、一体どんな人?

「外見で言うと、事務所の先輩の長瀬(智也)くんかな。俺がどんなに頑張ったって同じ年齢になったときにあの外見にはなれないなぁって思うから、憧れますね。

もちろん他にもたくさんいるけど、ドラマで共演させて頂いた藤原竜也さんは、撮影が終わってからも電話をくれたり気にかけてくれるんですよ。そういうのって嬉しいじゃないですか。撮影期間中も誰にでも分け隔てなく接していて、主役として作品を引っ張っていく感じとか、カッコイイなって思いましたね」

1/2ページ