ここから本文です

来季から10年ぶりにJ1・J2入れ替え戦が復活! J1の16位とJ2の3~6位の勝者が激突

6/27(火) 18:32配信

Football ZONE web

Jリーグが2018年以降のJ1・J2昇降格決定方法を変更すると発表

 Jリーグは27日、2018年以降のJ1・J2昇降格決定方法を変更すると発表し、来季から10年ぶりにJ1・J2入れ替え戦が復活することが決まった。

ハリルジャパン最新招集&予備登録メンバー計89人「推定市場価格ランキング」

 J1とJ2昇降格枠については現在、J1は16位から18位がJ2自動降格、J2は1位と2位がJ1自動昇格、J2の3位から6位がJ1昇格プレーオフで勝者が昇格という形になっていた。18年以降は、J1の17位と18位のJ2自動降格は変わらず、同16位がJ1参入プレーオフ(仮称)へと回る。一方、J2は1位と2位がJ1自動昇格となり、同3位から6位からプレーオフに回る形は変わらない。

 J1参入プレーオフでは、J2の3位と6位、4位と5位がそれぞれ対戦し、勝ち上がったチームが再び対戦。その勝者とJ1の16位チームがJ1・J2昇降格を懸けて火花を散らすことになる。

 J1・J2入れ替え戦は04年から08年まで実施され、J2チームが昇格の切符を手にしたのは5回中3回だった。いずれの年もホーム&アウェーで白熱の攻防を繰り広げたが、手に汗握る入れ替え戦の復活により、終盤戦の見どころが一つ増える形となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/27(火) 18:35
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新