ここから本文です

やはり「柴崎岳」は人気銘柄になっていた! スペイン1部の4クラブが獲得に本腰か

6/27(火) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

鍵を握るのはスペイン特有の「EU外選手枠数」。

 さすがは欧州の移籍マーケットだ。注目銘柄に関しては次から次へと移籍先の情報が舞い込んでくる。
 
 テネリフェとの契約が6月末で満了となる柴崎岳に対して、リーガ・エスパニョーラ1部の4クラブが強い関心を抱いていると、複数のスペイン・メディアが報じている。日曜日夜に急きょ名前が浮上したベティスとマラガに加え、月曜日にはセルタ、アラベスの参戦がニュースとなったのだ。
 
 昇格プレーオフでハイパフォーマンスを披露していた柴崎を見初め、決勝のヘタフェ戦を前にテネリフェに“照会”していたのが、バスクの雄・アラベスだ。
 
『El Dia』紙によると、来シーズンから新指揮官に就任する若きアルゼンチン人指揮官、ルイス・スベルディアが柴崎のプレーを気に入ったようで、現在、EU外選手枠(3枠)の選定を進め、柴崎サイドの返事次第では、1枠を開ける用意があるという。いずれにせよ、6月中はテネリフェと柴崎の交渉を見守るとのことだ。
 
 2016-17シーズン、アラベスは昇格1年目ながら9位と躍進を遂げ、コパ・デル・レイでは準優勝を飾った。その快進撃により、指揮官のマウリシオ・ペジェグリーニがサウサンプトンに引き抜かれ、何人かの主軸も流出の噂が絶えない。新監督の下、急ピッチのチーム編成が続けられているのだ。

【PHOTO】日本代表戦の美女サポーターたち

 さらに『El Dia』紙は、柴崎が1部クラブでのプレーにこだわるのには理由があると説明。「2018年のロシア・ワールドカップに出場するためにはまず、日本代表に復帰しなければならない。プリメーラでのコンスタントな出場と活躍が求められるはずだ」とした。

より獲得の信憑性が高いのはセルタか。

 より獲得の信憑性が高いのは、セルタだろうか。こちらは4クラブの中でもっとも積極的で、柴崎を獲得リストのトッププライオリティーに据えているようだ。ラジオ局の『Onda Cero Tenerife』が詳報している。
 
 クラブは来シーズンに向けた戦力補強を着々と遂行しており、すでにウルグアイ人の若手有望株、FWマキ・ゴメスを400万ユーロ(約4億8000万円)で獲得した。EU外選手枠の残るふたつはチリ代表のMFコンビ、パブロ・エルナンデスとマルセロ・ディアスが埋めているが、柴崎を獲得した暁には、後者を放出すると見られている。
 
 ちなみに4クラブの2016-17シーズンのプリメーラ(1部)における順位は、アラベスが9位、マラガが11位、セルタが13位、ベティスが15位となっている。
 
 やはり移籍金ゼロで獲得できる好タレントを、1部のクラブが放っておくはずはない、といったところか。もはや争奪戦は不可避な情勢ながら、テネリフェに残留する道が閉ざされたわけではない。そちらに関しては、数日中に結論が公表されるだろう。
 
 なお、テネリフェの地元メディア『deporpress』は、「ガクはこの2、3日の間に、代理人のいるバルセロナを経由して、日本に帰国する予定だ」と伝えている。

最終更新:6/27(火) 7:54
SOCCER DIGEST Web