ここから本文です

“FKの名手”、ミラン移籍に個人合意か? 代理人「とても良い話し合いができた」

6/27(火) 2:00配信

フットボールチャンネル

 レバークーゼンに所属するトルコ代表MFハカン・チャルハノールがミランへの移籍が近づいているようだ。26日付けの独紙『キッカー』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 記事によると、チャルハノールはミラン移籍にすでに個人合意しているようで、後はクラブ間での移籍金の話し合いが行われていると伝えている。なお、レバークーゼンは2000万ユーロ(約24億円)から3000万ユーロ(約36億円)を要求しているようだ。

 チャルハノールの代理人であるベクタス・デミルタスは「ミランとのコンタクトはあった。彼らはヨーロッパの中でもトップクラブだ」と話し、「我々はとても良い話し合いをすることが出来た。しかし、内容の詳細についてはここで語ることはできない」とコメントしている。

 今年2月、チャルハノールは6年前の契約違反により4ヶ月の出場停止及び罰金10万ユーロ(約1200万円)の処分を受けた影響もあり今季リーグ戦15試合のみの出場に終わっていた。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)