ここから本文です

僧侶に月収を聞いてみた…「とてもオイシイ思いをしています」

6/27(火) 16:00配信

週刊SPA!

 課税なしで、なにかといい暮らしをしていると思われがちな宗教法人。親から関西郊外の寺を継いだ30代の僧侶は、「とてもオイシイ思いをしています」と語る。

◆僧侶や占い師はキャリアが給与に表れる

「仕事は葬式や法事で、お経をあげるくらい。額面上の月収は20万円となっていますが、お布施や花代で、寺には毎月数百万円入ってくる。実際はその半分近くを自由に使えます」

 事実上の月収は100万円程度。絵に描いたような生臭坊主だ。

「ただ、大きい寺で修行中の知り合いは3年間給料ナシ、休みナシらしいので、環境しだいですね」

 ツテがなければ儲からないのは占い師も同じだ。

「有名になってお金持ちと専属契約をすれば、年収1000万円超えも夢じゃない。でも、それは50代以上のベテランばかり。私のような若手は、昼間は電話占いや師匠の手伝い、夜は街角に出ますが、月収は18万円ちょっとです。占い師の信用には経験が大事なので、そう簡単には儲からないんです」(20代・女性占い師)

<僧侶>

月収100万円

労働時間:4~5時間/日

出勤日数:20~30日/月

<占い師>

月収18万円

労働時間:8~10時間

出勤日数:25日/月

― [アングラ職業]の給与明細 ―

日刊SPA!

最終更新:6/27(火) 16:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2017年9月19・26日合併号
09月12日発売

¥420

・負け組[50代]になる人の特徴
・[仮想通貨バブルで儲ける](超)入門
・[騒音トラブル]で殺されない方法
・[安くても美味しい食品]の見抜き方