ここから本文です

ユニリーバが米「アワーグラス」を買収

6/28(水) 9:01配信

WWD JAPAN.com

 ユニリーバ(UNILEVER)は米メイクアップブランド「アワーグラス(HOURGLASS)」を買収し、プレステージビューティ部門に収める。業界筋によると、取引額は2億5000万~3億ドル(約275億~330億円)に上ったという。なお、創業者のカリサ・ジェーンズ(Carisa Janes)は引き続きブランドに携わる。

 「アワーグラス」はベースメイクを強みとし、中でも「アンビエント ライティング(Ambient Lighting)」シリーズが人気だ。ネッタポルテ(NET-A-PORTER)やセフォラ(SEPHORA)、スペースNK(SPACE NK)、ハロッズ(HARROD'S)などのハイエンドなショップで販売している。年商は推定7000万ドル(約77億円)で、毎年2ケタ増で成長している。

 ヴァシリキ・ペトゥル(Vasiliki Petrou)最高経営責任者は「『アワーグラス』は、プレミアムなフォーミュラとパッケージにこだわっているラグジュアリーなブランドだ。同ブランドを傘下に収めたことで、プレステージ部門はカラーコスメに進出することができた。当社のプレステージ部門のミッションとぴったり合うブランドだ」とコメント。

 ユニリーバは2月にヘアケアブランド「リビング プルーフ(LIVING PROOF)」を買収したばかり。業界筋によると、同社はスキンケア、ヘアケア、メイクアップ企業のさらなるM&Aを検討しているという。

最終更新:6/28(水) 9:01
WWD JAPAN.com