ここから本文です

大野智 忍者役がハマるワケは「人を煙に巻く空気感」 

6/28(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 嵐・大野智(36)が忍者役を演じた映画『忍びの国』。これまで『世界一難しい恋』での社長役、『怪物くん』などでの怪物くん役などを演じてきた大野が今回、挑戦した役は忍者だ。それが見事にハマっていると公開前から評判は上々だ。役者・大野智の魅力についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、大野智、跳んでます!! 7月1日公開の映画『忍びの国』の話である。舞台は、天下統一を目指す織田信長も手を出さなかった伊賀の国。主を持たぬ忍びの国と織田勢がついに激突した「天正伊賀の乱」がテーマとなる。

 物語のポイントは、大野演じる主人公の忍者・無門が、正義の味方でも人気者でもなんでもないところ。映画の予告編で「人を人とも思わない忍び」と言われている通り、ひたすら美人妻お国(石原さとみ)に気に入られたい無門は、たとえ同じ伊賀の人間だろうが、ギャラが出れば平然と抹殺する。他人の生死にも目の前の戦いそのものにも関心がまるでない。忠義も情けも持たない「人でなし」無門ら忍びが、戦国武将たちに「術」をかける…っていったいどうやって!?

 人でない役?と聞いて、大野の代表作『怪物くん』や『死神くん』を思い出す人も多いはず。人間離れした役は彼の得意技。ハードなワイヤーアクションもこなした忍者大野は、どっから跳んでくるんだよ?と思える高さから矢のように飛んできて、にっこりしたりする。大野智は、この映画でも正しい道を突き進んでいるのである。

 先日、大野はNHK『あさイチ』に生出演。視聴者から大量のメッセージや似顔絵が送られていたが、本人はいたって淡々といつものテンション。そんな中、面白かったのが、映画で共演した立川談春と中村義洋監督の会話だ。

 現場の大野について、談春が「人を緊張させない」つまり「ぼーっとした男」と言えば、監督も普段は、「嵐感も芸能人感も何も感じない」とあっさり評価。しかし、いざ立ち回りとなると、用意したスタントマンが要らないほどすごい動きを見せたと高く評価したのである。

1/2ページ