ここから本文です

あまたの歴代大統領を輩出。名門「ハーバード」が掲げるミッションとは?

6/28(水) 8:00配信

BEST TIMES

あの東京大学ですら、世界大学ランキングでは39位止まり(2016-2017年度版のタイムズ・ハイアー・エデュケーションより)。ではその上位に食い込む、世界の名門大学は何が違うのか? その名門を名門たらしめる特徴――「傾向」と実際の入学までのルート――「対策」を、世界を見据える読者に提供。第1回目は、世界大学ランキング6位(同)、日本でもその名を轟かすハーバード大学。【傾向編】

世界最高峰、アメリカ最古の名門大学

 ハーバード大学は、世界で最も有名な名門大学のひとつであり、アメリカで最も古い大学です。アメリカのマサチューセッツ州、ケンブリッジにキャンパスを構え、世界から多くの優秀な学生が集い学んでいます。

 正式な発足年月日には諸説あるものの、公には1636年の発足とされており、アメリカで2番目に古いウィリアム・アンド・メアリー大学(1693年設立)よりも、半世紀以上前に設立されています。ちなみに、日本で最も古い大学は帝国大学(現在の東京大学)で1887年の設立となっています。こうしてみると、ハーバード大学に長い歴史があることがよく分かります。

 ところでハーバード大学の校名の由来は何でしょうか? 

「ハーバード」の名前は、ジョン・ハーバード氏(John Harvard)の名前からきています。彼は、アメリカに住むイギリス人聖職者でした。1630年代、当時のアメリカ東海岸は、植民地の統治と社会環境の整備に心血が注がれており、教育体制の確立が急がれていました。ハーバード氏も教育への関心が強く、変革を牽引しようとした人物でした。しかし、彼は弱冠31歳で病床につくことになります。死を間近にしたハーバード氏は、財産を大学の建設のために寄付することを決め、こうした寄付の土台にたち大学が建設されました。

 ハーバード氏は、寄付を行った後間もなく息を引き取ることになりますが、彼の教育発展に対する熱意は引き継がれ、今では世界中から優秀な生徒が集う、世界の名門大学へと発展を遂げたのです。

 ちなみに、ハーバード大学には、Harvard University と Harvard College があります。一般的な認識として、前者の Harvard University は、ハーバードの大学院群のことを指し、後者の Harvard College が学部(undergraduate)を指します。これはハーバードに独特なもので、他の学校に共通するネーミング方法というわけではありません。本記事では、基本的には「ハーバード大学」とは Harvard College を指すものとし、示している統計データや学校情報は、基本的に Harvard College の情報です。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

出版社ベストセラーズの編集者が作る「感情を揺さぶる」情報マガジン「BEST TIMESベストタイムズ」。

BEST TIMESの前後の記事