ここから本文です

65歳から1億円!?老後の暮らし、いくら必要? [おとなスタイル]

6/28(水) 10:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

Q.老後のゆとりある暮らしのためには、本当のところいくら必要? やっぱり貯金は続けていくしかないですか?

A.100万円の医療費が9万円の支払いに! デフレ時代は貯金よりも、健康保険をはじめとする、情報収集が肝心です。

「ねんきん定期便」で見込み額を事前に把握

「私のところにご相談に来る方の中でも、貯金についての悩みを抱えている50代女性は少なくありません」
と話す社会保険労務士の佐佐木由美子さん。企業の人事労務・社会保険についての的確なアドバイスで多くの支持を得ている佐佐木さんは、働く女性の職場環境改善のための情報共有サロンを主宰し、キャリアやお金に関する悩み相談を受けている。
「ただ、皆さんの話をよく聞くと、お金についての基本的な情報を持たないまま、なんとなく漠然と心配になっているというケースが多いことも事実。不安の大きな原因は情報不足なのです。たとえば、将来、自分がどのくらいの年金をもらえそうなのか、調べてみたことがありますか? あといくら貯めたらいいのか、と焦る前に、まずは自分の老後の収入のベースとなる年金について、押さえておきましょう。
少子高齢化によって公的年金の継続に不信感をもつ人もいますが、国の制度でもありますし、少なくともなくなることはまずありえないと私は思っています。将来、受給開始年齢の引き上げはあるかもしれませんが、大きく状況が変わらない限り、一生涯もらい続けることが保障されています」

年金の支給開始は原則65歳からだが、どれくらいの額が支給されるのか事前にチェックする方法がある。その一つが「ねんきん定期便」だ。
「毎年1回、誕生月に送られてくる『ねんきん定期便』は日本年金機構が年金の加入者に送っているものです。じつは、私の周りにも中を詳しく見ないまま捨ててしまっている人が意外と多いのですが、50歳以上になると、自分の“年金の見込み額”が表示されているので、ぜひ見ていただきたいです。それは、現在加入している年金制度に60歳まで同じ条件で加入し続けた場合に受け取れる年金の額。ただし、それはあくまでも今と同じ働き方を続けた場合の試算ですから、もしかしたら、あと何年かの間に働き方が変わる人もいるかもしれません。早期退職や、独立して起業したり……そうなれば年金額は違ってきます。でも、それも『ねんきんネット』に登録すれば、さまざまな場合の年金をシミュレーションすることができるのです」
年金の情報サイト「ねんきんネット」を利用するには、利用登録(ユーザーIDの取得)が必要。一度登録すれば、24時間いつでも利用できる。

「これだけの収入を60歳まで受け取れたら、あるいは65歳まで働いたとしたら……と試算してみると、なかなか面白いですよ。自分の分だけでなく、夫の基礎年金番号を入力して登録すれば、夫婦の将来の年金額を確認することができます」

1/3ページ