ここから本文です

「セレーナは男子なら700位」 テニスの元名手マッケンロー氏が持論展開

6/28(水) 9:13配信

THE ANSWER

マッケンロー氏の発言を受け、元女王セレーナが反応「私を巻き込まないで」

 テニス界はウィンブルドンを7月に控え、各地の前哨戦が熱を帯びているが、コート外でもひとつの“攻防”が繰り広げられている。グランドスラム優勝7回を誇る往年の名選手・ジョン・マッケンロー氏が、女子シングルスの元女王セレーナ・ウィリアムズ(米国)に対して、「男子のツアーなら700位」と発言。セレーナも反応し、大きな反響を呼んでいる。

【動画】ふっくらお腹で右へ左へ、軽やかステップも…セリーナがインスタグラムで公開した「スーパーママ」の練習風景

 事の発端は、米ラジオ局「NPR」でのインタビューのこと。現役時代から破天荒な性格や発言で“悪童”として知られるマッケンロー氏は、女子テニスのトップ選手も男子のツアーなら700位程度の実力という持論を展開。グランドスラム優勝23回のセレーナの名前を挙げ、その根拠を話したという。

「彼女がもしも男子のツアーに参加するなら、世界700位くらいだろう。私はセレーナが素晴らしい選手と考えていないわけではないんだ。いつの日か、1人の女子選手が他のどの選手よりも優れている時代がやってくるかもしれない。ただ、(女子選手がNO1という競技は)他のスポーツで見たことはないし、テニスでも見たことがない。もし、彼女が男子ツアーでプレーするとなれば、完全に違う話になる」

 選手として絶大な人気を博し、引退後は解説者を務めているマッケンロー氏。セレーナのみならず、女子テニス界に向けた個人的な見解となったが、現在妊娠中でツアーから休養しているセレーナも自身のツイッターを更新し、これに反応を示した。

「親愛なるジョン、私はあなたを賞賛し、尊敬していますが、事実に基づかないあなたの発言に私を巻き込まないでください。

 私はそちら(男子シングルス)でランキングされている選手とプレーしたことはありませんし、その時間もありません。私と出産を控えている私のプライバシーも尊重してください。それでは良い一日を」

世界ランク701位のトゥルスノフが心境明かす「女子が男子を倒すことは難しい」

 マッケンローの発言は、思わぬ形でセレーナとの“攻防”に発展。さらに、「男子の方が強い」とレジェンドの意見に同調する者が現れた。

英公共放送「BBC」によると、全盛期は世界ランキングで最高20位、現在は701位のディミトリ・トゥルスノフ(ロシア)が、セレーナに勝てると願っていることを明かしたという。「徒競走で、女子最速選手と男子最速選手はどちらが速いか?」と自ら問いかけ、テニスはフィジカルが重要なスポーツだと力説している。

「女子が男子を倒すことは難しいと思う。黒人とか白人かは関係ない。僕はフィジカル的には全盛期というわけではない。でも、総合力で言えば、自分は今のランキングよりもはるかに上だ。彼女は妊娠しているし、私はしていないんだ」

34歳のベテランはマッケンロー氏について、「これまで完全にバカげた話をしているのを聞いたことがない」とコメント。どんな人物か知っているとしたうえで、「彼女については素晴らしい選手だと言っているし、それは正しい。爆発的でパワフルで多大な努力をしている。でも、僕が勝てるといいね」と心境を明かしたという。

 今回のマッケンローの発言は、テニス界でも波紋を広げそうだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:7/4(火) 0:45
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。