ここから本文です

メーガン・マークルが素敵なプリンセスになるであろう理由

6/28(水) 15:00配信

ハーパーズ バザー・オンライン

メーガン・マークルの名前をあらゆるところできくように耳にするようになった今日この頃。彼女が注目されるようになったのにはもちろん理由がある。彼女は、イギリス王室いちの結婚したい男、ハリー王子とデートしているのだから。もし、アメリカ生まれのメーガンがケンジントン宮殿に住むことになったら、きっと素敵なプリンセスになると思われる理由をまとめてみた。

【関連記事】ハリー王子の噂の新恋人メーガン・マークルってどんな人?

1.彼女のスター度は上昇中

TVのヒットシリーズ『スーツ』のレイチェル・ゼイン役で有名だけれど、『CSI:マイアミ』や『90210』など人気作品のほか、『Get Him to The Greek』や『モンスター上司』などのコメディ作品にもいくつか出演している。王子と交際することにはプレッシャーを伴うことを考えると、ハリー王子がスポットライトを浴びることに慣れている女性を選んだのは納得できるかも?

2.個人的資産価値も上昇中

俳優やスポーツ選手、ビジネスマン、政治家、その他注目の人物の財産を追跡するCelebritynetworth.comによると、メーガンの資産価値は500万ドル。同サイトではハリー王子を4000万ドルと見ている。

3.控えめな人柄

最近の『Vancouver Sun』紙のインタビューで、彼女は今後5カ月のスケジュールを公表したのだが、撮影やチャリティー活動、家族訪問、旅行などでぎっしり。向こう数カ月をかいつまんで言うと、という質問されると、「私は幸せで、世界一のラッキーガールよ!」と返答。ハリー王子の名前こそ出さなかったが、交際についてほのめかしていることは十分考えられる。

4.すでに王室の人のような全米代表選手

メーガンはロスにあるカトリックの女子校出身で、同級生から、カリスマ的で努力家と言われていた。また、クラスメートからプロム(ダンスパーティー)の女王にノミネートされたこともある。残念ながら女王には選ばれなかったけれど、元クラスメートが『People』に、彼女は本当に心やさしい人だったと語っている。また、今でもメーガンは「ハリウッドのまやかしが嫌い。ほかの人のことを気にかける純粋にいい人物」と言う人もいる。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年10月号
2017年8月19日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。