ここから本文です

失敗しにくいワインのコルク抜き

6/28(水) 17:10配信

ライフハッカー[日本版]

季節を問わず人気のワイン。ワインといえばコルク栓がつきものですが、スクリュー式のワインオープナーでコルクをボロボロにしてしまった経験はありませんか?

【画像】失敗しにくいワインのコルク抜き

『コルクがキレイに抜けるワインオープナー』はその名の通り、コルクに穴を開けずに挟んで抜くタイプのワインオープナーです。特にコルクが脆くなってしまったオールドワインやヴィンテージワインの開栓時に適しています。

あらかじめワインは横に寝かせて保存し、コルクが湿った状態にしておきます。

ワインオープナーの長い方のブレードをコルクと瓶の間に差し込みます。次に短い方のブレードの先端を差し込みます。この時、ブレードを指で抑えつつ、左右に揺らしながら差し込むと良いでしょう。この時、コルクが下がってしまった場合は、ワインオープナーのハンドルをゆっくり回し、引き抜くようにして、コルクを元の位置まで戻します。

左右のブレードは、ハンドルとコルクの間に隙間がなくなるまで、しっかりと差し込みます。その後、ハンドルを回しながらコルク栓を抜きます。コルクが半分以上抜けたところで、両方のブレードとコルクを一緒に掴んで引き抜きます。ブレードで手を切らないよう、十分に気をつけてください。

筆者の場合、スクリュー型ではコルクを引き抜く際に、相当な力が必要だと感じていました。このワインオープナーのように、挟んで抜くタイプであれば、女性でもワインの開栓がスムーズにできそうですね。

なお、樹脂栓やシャンパンには使用できません。


コルクがキレイに抜けるワインオープナー|貝印

藤加祐子

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。