ここから本文です

あの長身バレー選手の息子、202cmの大竹壱青がビッグなデビュー

6/28(水) 11:48配信

webスポルティーバ

 全日本男子バレーボールチームが参加した、ワールドリーグ2017グループ2の戦いが終わった。中垣内祐一新監督が異例の途中合流となった大会だったが、全日本男子は予選ラウンドを4位で抜けてファイナル4に進出。アウェーでの試合となったオーストラリアとの準決勝をフルセットで勝ち切り、決勝ではスロベニアに完敗したものの、グループ2準優勝を手にした。

【写真】清水邦広「夏合宿」の思い出を語る。

 昨年のワールドリーグは、オリンピック世界最終予選の敗退直後でモチベーションを上げるのが難しかったとはいえ、ホームで2勝した以外は全敗。グループ2の12チーム中11位に沈み、グループ3との入れ替え戦に回りかねない状況だった。それを考えれば、今大会の準優勝は「ガイチジャパン」の第一歩として十分すぎるほどの結果だった言えよう。

 今大会で最も際立つ働きをしたのは、6月からプロに転向し、ドイツブンデスリーガへの移籍を発表した柳田将洋だ。グループ2の中で、ベストサーバー1位、ベストスパイカーは2位(準決勝のオーストラリア戦で、スパイクで10得点したはずが帳票上では0得点と誤記されたため、本来ならベストスパイカーもトップだった)を獲得。苦手としてきたレセプション(サーブレシーブ)でも7位と、数字だけ見ても活躍の度合いが分かる。今大会では、控えに回った主将の深津英臣に代わり、コートキャプテンとしてチームを鼓舞する姿も頼もしかった。

 また、大会が始まる頃は腰の状態が万全でなく、フル出場できなかった石川祐希も、大会が進むにつれて調子を取り戻していった。特に、ファイナル4の準決勝では、審判がオーストラリア寄りのジャッジをする中、ホームタウンディシジョンの余地がないスパイクで試合を締めくくったのが印象的だった。初選抜の司令塔・藤井直伸のトスに、途中まで合わせることができず苦しんでいたが、最後は高めのトスに修正してもらうことで対応。今後の練習でさらに息を合わせ、来月の世界選手権アジア最終予選では楽に得点を決めるシーンを増やしてもらいたい。

 そして何より、大会を通しての一番の収穫は、長らく清水邦広が務めてきた全日本のオポジット(セッター対角で、攻撃専門のポジション)に、新星が現れたことだろう。身長202cm、91kgと、文字通りの”大型新人”である中央大学4年の大竹壱青(いっせい)だ。

 中大では主にミドルブロッカーとして出場していたが、昨夏、同期である石川からポジションのコンバートを提案されたことで、大竹のバレー人生が変わった。

「2メートルあっても動けて、高校時代はサイドをやったこともあるし、オポジットのほうが将来的に輝けると思って提案しました。本人もやりたかったみたいで、自分が提案した次の日には監督に掛け合っていました(笑)。転向したばかりだから、まだまだ伸びしろがいっぱいあると思うし、一緒に成長していけたらいいなと思います」(石川)

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか