ここから本文です

全世界で8億人が熱狂 トルコ発TVシリーズ『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』Huluで配信

6/28(水) 12:02配信

リアルサウンド

 全世界で8億人を熱狂させたトルコ発のTVシリーズ『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』が、8月8日よりHuluにて独占配信されることが決定した。

 本作は、46年という長きに渡りオスマン帝国を支配し、最盛期に導いた第10代皇帝スレイマン大帝と、ハレムにて皇帝の寵愛を受け皇妃にまでのし上がった美女ヒュッレムを中心に、嫉妬、欲望、愛が渦巻く宮廷物語を描き出したトルコのTVシリーズ。奴隷から皇妃にまでのし上がった女性ヒュッレムを、トルコ人の父とドイツ人の母を両親に持つ、トルコを代表する女優メルイェム・ウゼルリが演じている。

 トルコ国内で放送がスタートすると、瞬く間に人気を博し、トルコ国内の主要TVアワードにおいて、最優秀ドラマシリーズ、最優秀歴史ドラマ、最優秀男優賞、最優秀美術監督賞など、多数の賞を受賞。さらに、トルコのみならず、中東・東欧・アジア・北米をはじめとする世界80カ国以上で放送され、大ヒットドラマとなった。

 本作の制作会社TIMES PRODUCTIONSの代表で、本作プロデューサーのティムル・サウジュは、日本での配信決定を受け、「日本での配信を大変嬉しく思います。トルコの大型歴史ドラマが日本で初めて配信されることは、我々にとって初の快挙となります。本作が世界各国で成功した要因をひとつに絞ることは出来ませんが、全世界の人々が共感し得る物語であり、力強い作品であることだと思います。また、豪華な衣装や舞台美術が、(トルコ国内で)新たな社会現象を巻き起こしたほど独創性にあふれていたことも強調したいです」とコメント。

 さらに、「皇帝の偉業を伝えつつ、一人の人間としての内面を描いています。悲惨な失敗や成功を経て、帝国全土と世界を支配していく偉大な皇帝が、愛する一人の女性だけは支配できずにいる。本作は壮麗な愛の物語です。日本でも多くの方にご覧いただき、トルコドラマへの門戸が開かれるきっかけとなるような成功を収めることを願っています」と、本作の見どころを解説している。

 Huluチーフコンテントオフィサー・長澤一史は、「トルコのドラマが世界中で大ブームだと2年以上前に耳にしてからいろいろな作品を検討して参りました。そして、Huluが初めてトルコのドラマを日本で紹介するのはこの『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』しかないと判断しました。世界史の教科書に出てきたあのオスマン帝国で実はこんなことが起きていた…いちど観始めたら止められないパワーを持つこの新鮮なエンタテインメントをぜひ多くの方々にご堪能頂きたいと思います」とコメントを寄せた。

 なお本作は、8月7日よりCSチャンネル「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」で放送されることも決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:6/28(水) 12:02
リアルサウンド