ここから本文です

とっておきの技を伝授!美容家・岡本静香さんの夏でも崩れないメイクテクニック

6/28(水) 22:00配信

集英社ハピプラニュース

「MAQUIA」7月号では、美容家として活躍中の岡本静香さんが実践している「崩れないメイクテクニック」をご紹介。

【特集】なりたい肌で選ぶ時代!ファンデーションレシピ


適材適所にテク&アイテム投入で、一日中美肌
【崩れないメイク&化粧直しQ&A】

汗で流れる、皮脂でテカる、それでいてクーラーで乾燥も……。1年でいちばんメイク崩れしやすい夏のお悩みを解決すべく、スキンケアからメイクの仕込み、お直しテクまでくまなく網羅!

◆見られる立場の美女に聞く
>>崩れないメイク編

直す時間がなかったり、見られ方を意識しなくてはいけなかったり。そんな美女に聞いた“崩れない”メイクテク。

◎教えてくれたのは・・・
美容家 岡本静香さん
美容家として、女性誌、美容誌、テレビでも活動中。岡本さんが1人1人に合う美容を導く“My Beauty Style Consulting”もスタート。


Q1:ベースメイク法を教えて欲しい
A:とにかくミニマムなベースづくりで崩さない
「ケアをきちんとして保湿された状態を保てば、必然的にベースも少量でOK=崩れない!」
ファンデーションは毛穴が気になる部分にのみ。毛穴落ちや皮脂崩れが避けられるので崩れる心配無し。

Q2:美カールのまつ毛、秘訣は?
A:下地を部分使い
「上まつ毛の中心のみに下地を。ここさえカールできればまつ毛が上がった印象&下がる心配なし」
上まつ毛の中央に下地をしっかり。それからマスカラを。

Q3:食事中、リップを崩さないためには?
A:リップライナーで縁取り、落ちを目くらまし
「リップラインの上からリップを塗ると、特に唇の輪郭がボヤケにくく発色が長持ち。多少リップが取れたとしても、色が残るので崩れた感じに見えません」
輪郭に沿ってリップラインを。それから好きなリップを塗る。

Q4:最も崩れないよう気をつけているパーツは?
A:眉
「眉が落ちるのが本当にイヤ! リキッドでベースをつくり、パウダーでコーティング。2種使いが基本です」
【1】消えてほしくない眉尻はBのリキッドで毛を1本ずつ描きたすように。
【2】Aのパウダーの上2色を混ぜてブラシでとり、リキッドの上から重ねて

●A 普段メイクも、色を使ったメイクも楽しめる万能パレット。アイブロウ クリエイティブパレット ¥4200/イプサ
●B 水や汗に強く仕上がりを維持。K-パレット ラスティング2WAY アイブロウリキッド 03 ¥1200/クオレ

Q5:夕方になるとベースがドロドロ…
A:乳液などでオフしてからリタッチして元通りに
「崩れた部分にベースを重ねても、意味がない! まずは、一度綺麗にしてからつくり直さないと同じことの繰り返しです」
コットンに乳液を出し、肌上をやさしくすべらせるように、ヨレた部分を拭き取る。小サイズなら持ち運びに◎。