ここから本文です

「住みよさランキング2017」中国四国・九州編

6/28(水) 5:20配信

東洋経済オンライン

全国の都市を対象にした東洋経済の「住みよさランキング」。今年も最新結果を「『住みよさランキング2017』トップ50」(6月20日配信)でまとめたが、地域ブロック別でもみてみよう。「北海道・東北、関東編」(6月24日配信)、「中部・近畿編」(6月26日配信)に続いて、最後に「中国・四国、九州・沖縄編」をお届けする。

「住みよさランキング2017」中国・四国6位以下と九州・沖縄編

 「中国・四国」は下松市(山口)が今回もトップの座を守り、8回連続の1位となった。2位は柳井市(山口)で、2012年から6回連続の2位。3位は昨年10位から順位を7つ上げた四万十市(高知)が入った。

■「中国・四国」は下松が8回連続トップ

 1位の下松市は昨年18位から今年30位に全国順位を下げたものの、ブロック内トップの座は守った。山口県の東南部に位置し、瀬戸内海に面する臨海工業都市として発展。周南市や光市などを含めた商圏の中心として商業施設も集積している。人口は約5.5万人(2015年国勢調査)。「利便度」が全国17位、「快適度」が155位、「富裕度」が170位でこの3部門の評価が高い。

 2位の柳井市は全国順位が一昨年68位、昨年59位、今年52位で順位を少しずつ上げている。トップの下松市との偏差値の差も徐々に縮まっている。山口県の東南部に位置し、瀬戸内海に面している。古くから水陸交通の要衝として商業が繁栄。人口は約3.2万人(2015年国勢調査)。「利便度」が全国16位、「安心度」が全国86位でこの2部門が寄与している。

 3位の四万十市は全国順位が昨年161位から今年69位へ大幅に上昇した。四国では最上位となった。高知県の西南部に位置する人口約3.4万人(2015年国勢調査)の都市。北西部は愛媛県と接し、南東部は太平洋に面する。市域の大半は山地。市内を流れる四万十川は「日本最後の清流」として知られる。「安心度」が全国4位。出生数の増加、人口比でみた介護施設および保育施設の定員数の改善などが寄与し、昨年43位から大きく上昇した。

1/3ページ