ここから本文です

柴崎岳、来季もテネリフェ残留か。会長が明かす「彼は幸せ。残りたがっている」

6/28(水) 12:32配信

フットボールチャンネル

 スペイン2部のテネリフェの首脳陣が、元日本代表MF柴崎岳の去就について言及している。スペイン紙『アス』が伝えている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 柴崎は今年2月に鹿島アントラーズから完全移籍で加入。契約期間は今年6月末までとなっており、今夏でフリーとなる。

 一部報道ではテネリフェが1部昇格を遂げた場合には契約延長するともいわれていたが、昇格プレーオフ決勝でヘタフェに敗れている。

 テネリフェは今季リーグ戦で13得点を挙げたセネガル人FWアマト・ヌディアイェがアトレティコ・マドリーから、9得点を挙げたホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノがホンジュラスのオリンピアからの期限付き移籍であるため、来季はそれぞれの所属クラブに戻ることになる。

 多くの選手を他クラブからの期限付き移籍で獲得しているテネリフェにとっては、主力選手がこの夏に相次いでクラブを去る可能性もあるが、アルフォンソ・セラーノSDは「我々は柴崎、アマト、ロサーノを残したいと思っているが、彼らが1部からのオファーを期待していることを我々は理解している」と記者会見で語っている。

 一方、テネリフェのミゲル・コンセプシオン会長は「彼は幸せを感じており、ここに残りたがっている。我々はすでに彼の代理人と交渉している」と、柴崎との契約延長を希望していることを明かした。

 報道によれば、柴崎にはベティス、アラベス、セルタ、マラガといったリーガエスパニョーラのクラブが興味を示している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)