ここから本文です

アルパインがシートバック取付型、天井取付型のリヤモニターにアロマ機能を追加

6/28(水) 15:33配信

clicccar

小さな子どもがいるミニバンユーザーにとって便利なのが、後席用モニターではないでしょうか。ずっとテレビやDVDなどを見せるつもりはなくても、ロングドライブの渋滞時などに「まだぁ?」と飽きてしまった子どもを静かにさせてくれる存在で、重宝している方もいると思います。

【この記事に関連する別の画像を見る】



8月下旬から順次新しいリヤモニターを発売するアルパイン。シートバック取付型や天井取付型などニーズに応じて多彩なモデルが用意されています。

幅広い車種に装着できるシートバック取付型「リヤビジョン」の「SXH10T(2台パック)」は、WVGAの2.4倍の高画質を誇るWXGA液晶(1280×720p)を採用。



きめ細かやかで、臨場感あふれる映像が楽しめるのが魅力で、HDMI接続によりナビからの映像も高画質で享受できるだけでなく、モニター本体でのHDMI接続により2台それぞれ個別の映像を楽しむことができます。また、「SXH10T」には高級感あるブルーLEDのイルミネーションによるムードライトを搭載。上品な光で後席の雰囲気を盛り上げるそうです。なお、価格はオープンです。



高精細のWSVGA液晶を採用し、色彩のグラデーションなどもきめ細かく表現する「SSA9T/SSA9」は、9型液晶を搭載。2台パックのほか単体のモデルも用意。2台パックのモニターでは、モニター本体でのHDMI接続により個別の映像も楽しめます(ナビゲーションとの接続はRCA映像接続となります)。こちらもオープン価格になっています。



天井取付型のリヤモニターでは、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア専用の12.8型天井取付け「リヤビジョンキット」に、アロマ機能を加えた新製品が登場。アロマは単独で作動し、快適な車内空間を香りで演出。12.8型リヤビジョン専用アロマ機能付き取付けキットの価格は27,000円、アナログリアビジョン向け外部入力追加ケーブルが2,000円です。



(塚田勝弘)

最終更新:6/28(水) 15:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ