ここから本文です

タッキー、有岡大貴と主演作を“極秘鑑賞” マスクに帽子と眼鏡で「全く気付かれず」

6/29(木) 10:27配信

エンタメOVO

 映画『こどもつかい』大ヒット記念舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の滝沢秀明、有岡大貴(Hey!Say!JUMP)、門脇麦と清水崇監督が出席した。

 本作は、7人の子どもの霊を操る謎の男“こどもつかい”(滝沢)が大人の命を次々に奪っていくホラーエンターテインメント。

 滝沢は、今月17日に公開された本作の反響を探るべく、有岡と一緒に“極秘鑑賞”を行ったことを告白。「まさにこの劇場。ロビーとかにもいろんな仕掛けがあって、皆さんが楽しく写真を撮ったりして、うれしいなと思いました」と笑顔を見せた。

 観客にバレたら大ごとになるが「普通にマスクをして帽子かぶって、眼鏡をかけて…」と“変装”はバッチリ。有岡も同じ格好で臨んだといい、滝沢は「全く皆さん、気付かなかった。カップルの方や学生の方など、いろいろだったのですが、こんなに気付かないもんなんだ、というぐらい気付かず…」と笑った。

 2人は、劇場内が暗くなるまでロビーで待ってから入場したといい、滝沢は「有岡がポップコーン持っているからすごく(歩くのが)ゆっくりになってしまってヒヤヒヤしました」とエピソードも披露。いざ鑑賞が始まると「みんな声を出したり、ホラー映画なのに笑い声があったり、不思議なリアクションで面白かったですね」と満足気に振り返った。

 また、ホラー映画を敬遠しがちなファンもいるという話題になると、滝沢は「単に怖いホラー映画ではない。怖いという人にも、絶対に大丈夫な内容になっている」とアピール。さらに「1回じゃアレなんでまた2回目、3回目、行かなきゃいけないと思っている。なので“きょうは有岡と滝沢いないかな”と(探してほしい)。いろんな所に行きたい」と複数回の“極秘鑑賞”を予告し、会場を盛り上げた。

 これには清水監督も「そんな映画の営業の仕方があるのか…。ありがたい」と感激しきりで、滝沢も「コソコソしますけどね。見つけても声を掛けないでほしい」とはにかんだ。

最終更新:6/29(木) 10:27
エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!