ここから本文です

今、ここでしか味わえない。資生堂パーラーの真夏の華やかパフェ

6/29(木) 14:28配信

東京ウォーカー

旬のフルーツがパフェで共演。

資生堂パーラーは、7月1日(土)から8月31日(木)までの期間に、銀座本店サロン・ド・カフェで「2017真夏のパフェフェア」を開催。同フェアは2期に分けられ、産地や旬にこだわったフルーツをメインにしたパフェをそれぞれの期間に3種類ずつ、計6種類登場する。

「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(2160円)

7月1日(土)から7月30日(日)までの第1弾には、あらかわの桃、アップルマンゴー、ブルーベリーが登場。さらに、創業115周年を記念し、“いいご(115)縁”の繋がる長野県信州畑工房の専用ハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”のストロベリーパフェ」がラインナップされる。

「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(2160円)は、和歌山県を代表するブランド桃「あらかわの桃」を使用。東京では入手困難な希少品で、完熟を迎え一つひとつ丁寧に収穫されたフレッシュな桃を、ピンクピーチシャーベットやゼリーなどにも使っている。

ひと口で感じる芳醇な香りとあふれ滴る果汁が特徴で、口いっぱいに広がるやさしい甘さで至福のひと時を過ごせる。

「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」(2580円)は、太陽の恵みをいっぱいに浴びて育った沖縄県産アップルマンゴーを贅沢に使ったデラックスな一品。色艶が良く、とろけるように柔らかい果肉は、上品な甘さの中にも程よい酸味と濃厚なコクが特徴となっている。

ミルクアイスクリーム、ベリーソースが味により一層の深みを与え、南国気分を味わえる。

「岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ」(1890円)は、プチッとした食感の中に美味しさが凝縮された大粒ブルーベリーを、シャーベットやクリーム、ゼリーにも使用。自家製バニラアイスクリームがブルーベリーの甘みと酸味を引き立て、シックな色合いで大人気分になれる。

「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」(1890円)は、資生堂パーラー創業115周年記念のこだわりの苺パフェ。信州畑工房が所有する資生堂パーラー専用のハウスで採れた「夏秋いちご“恋姫”」をソースにも使用した逸品で、爽やかな酸味が広がる夏秋いちご特有の味わいを楽しめる。

“最後まで美味しく味わっていただきたい”という想いを込め、どのパフェにもパフェグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートなどを盛り込んでいる。今、ここでしか味わえない華やかなパフェで、銀座の夏を満喫しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:6/29(木) 14:28
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ