ここから本文です

ツール・ド・フランス参加選手発表:アスタナ、クイックステップフロアーズ

6/28(水) 12:27配信

CYCLE SPORTS.jp

アルーがイタリアチャンピオンジャージで総合初優勝を目指す

7月1日にドイツのデュッセルドルフで開幕する第104回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、開幕まであと4日となった6月27日にすべての参加チームがメンバー発表を終えた。

104回大会の参加チームは、UCIワールドチーム18チームと、UCIプロコンチネンタルチーム4チームの合計22チーム。各チーム9人編成で、198選手がスタートする予定だ。

今年のツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)に参加する選手を、6月19日からTwitterで毎日1人ずつ紹介していたカザフスタンのアスタナプロチームが、6月27日に全選手の発表を終えた。

26歳のファビオ・アルーは、25日に開催されたイタリア選手権で初めて優勝し、2度目のツールはイタリアチャンピオンジャージを着て総合初優勝を目指すことになった。彼は昨年、19分20秒遅れの総合13位だった。

●アスタナプロチーム(カザフスタン)のツール参加メンバー
ファビオ・アルー(イタリア)
ヤコブ・フルサング(デンマーク)
アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
ミケル・ヴァルグレン(デンマーク)
ダリオ・カタルド(カザフスタン)
アンドリー・グリフコ(ウクライナ)
バーフティヤール・コージャタイエフ(カザフスタン)
ドミトリー・グルズジェフ(カザフスタン)
アンドレイ・ツェイツ(カザフスタン)


ベルギーのクイックステップフロアーズは、ツールの区間で通算9勝しているドイツ人スプリンターのマルセル・キッテルが平坦区間での区間優勝を目指し、丘越え区間はベルギーのフィリップ・ジルベールが狙う。ベルギーのワロン地方を走る序盤のステージは狙ってくるはずた。

総合では、昨年7分4秒遅れの総合9位になったアイルランドのダニエル・マーティンがさらに上位を目指す。彼らは6月のクリテリウム・デュ・ドーフィネで総合3位だった。

フランス期待の若手選手であるジュリアン・アラフィリップは、ヒザのケガで今年のツールには参加できなかった。

●クイックステップフロアーズ(ベルギー)のツール参加メンバー
ジャック・バウアー(ニュージーランド)
ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア)
フィリップ・ジルベール(ベルギー)
マルセル・キッテル(ドイツ)
ダニエル・マーティン(アイルランド)
ファビオ・サバティーニ(イタリア)
ズデニェック・シュティバル(チェコ)
マッテーオ・トレンティン(イタリア)
ジュリアン・ヴェルモーテ(ベルギー)

最終更新:6/28(水) 12:27
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年10月号

株式会社八重洲出版

10月号
毎月20日発売

特別定価890円