ここから本文です

ミランダ・カー、9億円以上のアクセサリーを米政府に引き渡し。

6/29(木) 17:50配信

VOGUE JAPAN

ミランダ・カーが800万ドル(約9億円)以上のアクセサリーを米政府に引き渡したという。

ミランダ&エヴァンのラブラブ2ショットほか、もっと写真をみる!

引き渡したアクセサリーの中には、380万ドル(約4.3億円)相当の8カラットのダイヤモンドペンダントも含まれており、ミランダやレオナルド・ディカプリオを含めたセレブリティに贈り物をするため、不正に資金流用した疑惑がもたれているマレーシア人の投資家ジョー・ロウ氏がミランダにプレゼントしたものだ。

スナップチャットの共同設立者エヴァン・スピーゲルと結婚しているミランダだが、ロウ氏を中心とする政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)が不正に資金流用した疑いで進められている捜査の一環として、23日(現地時間)にそれらのジュエリーを米司法省へと引き渡したという。

ミランダの広報担当は「捜査の当初からミランダ・カーは全面的に協力的で、そのジュエリーらを政府に引き渡すことに誓約しました。カー氏はこれからもあらゆる形で捜査に協力していく意向です」と発表している。

一方、数週間前にはディカプリオも同様の一件で、マーロン・ブランドが受け取ったオスカー像やピカソの絵画を含めた高額な所有物を引き渡しているが、ミランダ共にこの訴訟で被告人として名前は挙げられていない。

米司法省はロウ氏の巨額の資産をさらに押収する方向で、すでにディカプリオの主演映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』とジム・キャリー主演作『帰ってきたMr.ダマー バカMAX!』の権利については差し押さえられている。

両映画製作のレッド・グラナイト・ピクチャーズはマレーシアのナジブ・ラザク首相の義理の息子リザ・アジズ氏が創立したものであるが、リザ氏は容疑を否定している。

Bangshowbiz

最終更新:6/29(木) 17:50
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年11月号
2017年9月28日発売

700円(税込み)

イットガール、ジジ・ハディッドが、『VOGUE JAPAN』表紙&ファッションストーリーに登場!

Yahoo!ニュースからのお知らせ