ここから本文です

高橋大輔が思い描く「こんな人生が送りたい!」その内容とは [FRaU]

6/29(木) 11:01配信

講談社 JOSEISHI.NET

2014年に28歳でフィギュアスケートの競技生活から引退した高橋大輔。今後の彼の挑戦から目が離せない。インタビュー全文公開。

新しいことを始めるときは いつもすごく臆病になる

現役時代、何度か、「あ、今お客様の気持ちとシンクロしている」と感じられたことがあった。試合中にそんな手応えを得られることは稀だけれど、その確かな空気感を共有できたことは、今も強く心に刻まれている。感情の起伏が激しいことは、(仕事仲間としては若干厄介な気質だけれど)表現者にとっては大切な才能である。

ダメだダメだと自分を責めつつ、最後は「いい時はいいんだから、その奇跡を信じよう」と開き直る。常に劇的に感情が動いているから、感情の高揚感に肉体の動きがついて来た時、あるいは肉体の動きに感情が釣られた時、想像を超えるような、心を震わす表現が生まれる。妄想も含め、つくづく日々をドラマチックに生きている人である。

「いや、でも基本は、何もやりたくないんです。競技生活をしていたころは、次はこの試合でと予定が組まれて、そこにピークを合わせるように調整しながら毎日を過ごしていたので、まっさらな状態から何かを生み出す、という経験をしたことがなくて。ゼロから何かを作る訓練をしたことがないぶん、新しいことを始める時はすごく臆病になるんです。競技を引退してからは、提案される仕事は、自分には難しいかな、向いていないかな、と思っても今は思い切って飛び込むようにしています。いざやってみたら全力で楽しんでる自分がいる(笑)。最後は、『こんなことでお金を頂いてしまってもいいのかな、すごく楽しんでしまっているんですけど』みたいな(笑)」

2014年に28歳で競技生活から引退した彼は、プロスケーターやスポーツキャスターとして活躍する以外に、昨年はダンサーとして2000人規模の観客を擁する東急シアターオーブのステージに立っている。現役時代に、(高橋さん出演舞台の構成・演出を担当している)シェリル・バークさんから「ダンサーとして世界有数のダンサーたちと一緒に踊ってみるのは?」と声をかけられ、その時は、スケート靴を履いていない時の自分のパフォーマンスが想像できずに断った。

現役でありながら、スケートから離れて別のことに取り組むことも考えられなかった。ところが、競技から引退後、ニューヨークで語学留学中に再度「一緒にダンスをやりましょう」と声をかけられ、日本に戻ってから「OK」の返事をすることにした。

1/3ページ