ここから本文です

阪神OB藪恵壹が考える、藤浪晋太郎「完全復活」へのメンタル管理術

6/29(木) 11:30配信

webスポルティーバ

 パ・リーグとの交流戦を10勝8敗(12球団中4位)で終えた阪神タイガース。金本監督2年目のシーズンは、首位広島カープに離されてはいるものの2位につけている。チーム防御率は3.10(6月27日現在)と12球団トップクラスの投手力を誇るが、その中心にいるはずの藤浪晋太郎には不安が残る。

【写真】なぜ藤浪晋太郎のボールは荒れるのか?暴れるメカニズムを分析

 WBCでは2次リーグ、準決勝で出番なし。今シーズンは7試合に登板し、3勝のみ。40回と3分の2を投げて、フォアボールは33個、デッドボールが3個ある。5月末には故障以外で初めての二軍落ち……どうすれば若きエースは復活できるのか? タイガースOBの藪恵壹氏に聞いてみた。

――4月4日のスワローズ戦で、5回を投げて9四死球。畠山和洋選手への死球から乱闘騒ぎが起きるなど、開幕から藤浪投手の「異常事態」が続きました。

藪 藤浪晋太郎のどこが悪いのか。いろいろと取材してみると、どうやら右バッターに思い切って投げることができないようです。ボールが引っかかりすぎたり、抜けたり。
スワローズ戦で乱闘がありましたが、ああいうことがあると特に気になるでしょうね。

 本人は、自分でもコントロールがいいとは思っていないし、性格的に繊細なので、どうしても過敏になってしまう。しかし、私はあまり深刻にとらえていません。もし、キャッチャーが古田敦也さんや谷繁元信さんのように経験豊富ならば、荒れ球を有効活用していると思うから。リード次第ですが、「どこに投げるかわからない」というのは、バッターにとって嫌なものです。特に悪いところは見当たりませんし。

――大阪桐蔭高校を卒業してプロ1年に10勝(6敗)、2年目は11勝(8敗)、3年目には14勝(7敗)をマークしました。4年目の2016年こそ7勝(11敗)に終わりましたが、4年間の成績は田中将大投手(46勝)に匹敵するほどです。

藪 藤浪の過去の成績を見ると、年間の登板数の約半分は勝っています。もし15勝以上したいならば、33試合には登板しないと難しい。そうすれば、16勝、17勝が見えてくる。そうするためには、1試合の球数を減らして、中5日で投げられるようにしないといけない。フォアボールを少なくするのが彼の課題です。彼は勝ち運を持っているピッチャーなので、1年間通して投げられさえすれば、勝ち星は計算できるはずなんですが……。いまは、ボールの感覚を失っていて、それを探しているのではないでしょうか。

――WBCの影響もあるのでしょうか。

藪 昨シーズンのオフからずっと、WBC用のボールを使って練習していました。NPBのボールに戻っても、すぐに感覚が戻らないのは仕方ない。シーズン初めはかなり、軽く感じたのではないでしょうか。

――そのうちに感覚を取り戻せるのでしょうか。

藪 ピッチングフォームを修正したほうがいいという声もありますが、私は何も変えなくていいと思っています。もし右バッターが気になるようならば、プレートの一塁側を踏んで投げればいい。それだけで、ずいぶん景色が変わってくると思います。立ち位置を少しだけずらすことで意識が変わるのではないでしょうか。私も右バッターに近いサイドに立ちすぎて、ぶつけてしまうことがありました。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ