ここから本文です

イタリア発「足に貼る」ビーサン『Nakefit』で裸足の夏を楽しもう!

6/29(木) 12:11配信

@DIME

もうすぐ夏到来。ノースリーブやハーフパンツで体が軽くなると、足も窮屈なシューズから解放したい。とはいえビーチの熱い砂や尖った岩場、滑りやすいプールサイドを裸足で歩くのは危険すぎる。ゴム製のビーサンを履くしかないが、砂や海水にまみれてすぐ薄汚くなるし、熱してベタつくゴムは快適とはいえない。

靴ひもの緩みを解消!スマホと連動する衝撃吸収スニーカー『Digitsole Smartshoe』

足を効果的に保護しつつ、どこでも自由に歩ける「貼るビーサン」Nakefitが、イタリアからタイムリーに登場。足を傷つけたり、濡れた表面で滑ることなく裸足のライフスタイルを楽しめる秀逸なアイデアだ。

開発したのは、長年自動車業界で機械技師 としてキャリアを築きつつ、ものづくりの情熱を温めていたナポリタン。設計・研究チームを結成し、シューズの概念を超える革新的な「足の保護装置」の開発に2年の歳月をかけた。

Nakefitのクリエイターは、靴のデザインから靴ひももサイドもトップも削ぎ落とし、接着剤で直接足の裏に装着する使い捨てソールのみの、究極の形に行き着いた。

耐久性に富む柔軟なプラスチック・ポリマーは、環境に優しい持続可能な素材が使用されている。ソールは擦り傷やダメージに強く、足のサイズに合わせて伸縮するデザインとなっている。接着剤は低刺激性で、アレルギー反応を引き起こさない。

あらゆるタイプの表面にも耐える素材に滑り止めが施され、岩場もラクラク。ビーチの熱い砂の上も歩けると同時に、防水加工で着けたままプールで泳いでもOK。プールサイドでスリップを防止し、使い捨てなので水虫にかかる恐れもなく衛生的だ。

生産技術と広告費、特許取得にかかる費用2万ユーロ(約249万円)の調達のために、クラウドファンディングのプロジェクトが進行中だが、6月20日の時点ですでに目標額の10倍にあたる20万ユーロ(約2,490万円)が集まっている。

カラーはブラック、ピンク、ライトブルーの3色。メンズ、レディース、キッズの3サイズから選択し、10足パックが30ユーロ(約3700円)から先行注文可能だ。

日本にも送料12ユーロ(約1,500円)で届けてくれる。出荷はキッズが7月、メンズ・レディースは8月が予定されているので夏にはギリギリ間に合いそうだ。スパやジム、公園など、夏に限らずさまざまなシーンで裸足ライフを試してみるのも良いだろう。

文/三崎由美子

@DIME編集部

最終更新:6/29(木) 12:11
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた