ここから本文です

【小顔になるベロトレ】デカ顔が舌を動かすだけでこんなに小さく!! [VOCE]

6/29(木) 21:59配信

講談社 JOSEISHI.NET

顔に整形級の革命をおこす!! 「顔面筋」トレ

デカ顔をつくる5つの顔悪をケアする「顔面筋」トレ。「顔を小さくしたい!」と切に願うなら、全員舌トレを!

「顔面筋」トレのやり方ルール

1:デカ顔が気になる人は全員、舌トレを行う
「顔が大きい……」と悩む人の9割は舌筋群が衰えている状態。顔のフレームをキュッと引き締めて、顔のパーツを中央に寄せる舌トレは小顔づくりに必須! 3つのうち1つでもいいので続けよう。

2:マッサージは外から内へ行う
通常の顔マッサージは、内から外へ、が基本。顔面筋トレの場合、笑う、噛む、話す時に、いつも外側に引っ張られている筋肉を内側に寄せてほぐすのが目的。そこで、マッサージは外側から内側へ刺激する。

全員必須! 舌を動かすと顔がぐいっと上がってフレームが縮む

舌トレを行うとあごから首がつりそうになる。これこそ、舌筋群が使われずに老化しているサイン。舌トレで舌筋群を刺激するとぐいぐい顔が小さくなる。しかも、マスクをして行えば、いつでもどこでもこっそりできるのが舌トレのいいところ♪

舌を動かすと口の奥にある舌筋群と同時に、こめかみにある側頭筋と首の筋肉が刺激されて、顔面筋がたるんだ脂肪を引き上げる。

舌を動かす筋肉をまとめてほぐす【舌ベロストレッチ】

舌をできるだけ大きく外に出して動かすのがコツ。最初は少ししか舌が出なくても、徐々に舌がぐっと伸びるようになる。顔あごを上げて、視線 の血行もよくなり肌に透明感も!

片手で反対側の手首を持って、両手を後ろに引いて胸を張る。この姿勢のまま舌ストレッチや舌ぐるりんを行うと首と胸の筋肉が伸びて、より効率よく舌筋群がストレッチされる。

1:軽くあごを上げて舌を前に出す

あごを上げて、口を軽く開けたら、舌をできるだけ前にギューッと伸ばす。出しきったところで、10~30秒キープ。はじめは短めの秒数から、徐々に時間を延ばしていこう。

2:あごを上げて舌を上に伸ばす

あごを上げて、視線を斜め上に向けながら、舌を上に向けて、ぐーっと伸ばす。舌先でできるだけ遠くをタッチするように伸ばしたら、10~30秒キープ。

3:目と舌を右へ動かす

舌を右に向けて、できるだけ遠くへ伸ばす。その時、目も右を見るように動かそう。舌を伸ばしきったところで10~30秒キープ。

1/2ページ

Yahoo!ニュースからのお知らせ