ここから本文です

怪物ロナウドが“クリスティアーノ“の残留を確信 「レアルより上手く扱えるクラブはない」

6/29(木) 18:14配信

Football ZONE web

レアルとエースの去就について伊紙に語る

 サッカー界で「ロナウド」と言えば、2大巨頭はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、元ブラジル代表FWロナウド・ナザリオだ。ともにレアル・マドリードに所属し、ゴールマシンとして相手に恐れられる共通点を持つが、元祖”怪物”ロナウドが「レアルよりクリスティアーノを上手く扱えるクラブはない」と発言している。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 現役時代「フェノーメノ」の愛称で知られたロナウドは、度重なる膝の負傷に苦しんだものの、一瞬の得点嗅覚を武器に毎試合のようにゴールを積み重ねた。現役引退後は不摂生からか、あまりにふくよかな体型となり、今月行われたレアルOB対ローマOBの親善試合では約30分ほどしかプレーできなかった。それでも今なお“銀河系軍団”の一員としてマドリディスタから愛され、フロレンティーノ・ペレス会長からはアンバサダーの役割を受け取った。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」の取材に応えたロナウドは、「フロレンティーノはレアルのアンバサダーとして、私との契約を更新した。とても嬉しいことだよ。別の経験ができるからね」と話しつつ、現状のレアルについて、かつてチームメートだったジネディーヌ・ジダン監督の手腕にも「ジダンは規律があり、選手時代からフットボールを勉強していたよね。これはマドリードのような難しい集団、そして厳しい目を持つファンをマネージメントするのに役立ったと思う」と評価した。

 しかし、それ以上に評価しているのはクリスティアーノだ。降って湧いたような退団騒動について、次のように一蹴している。

“残留がベスト”とのお墨付き

「クリスティアーノがマドリードに残留していることはほぼ確信しているよ。なぜならシーズンで50ゴールも挙げる選手は、クラブにとって試合を諦めない“セキュリティ”になるからね。多くの偉大な選手は、将来についていつも決定する。だけど彼がレアルに不快さを感じる理由はないだろう。僕はレアルよりクリスティアーノを上手く扱えるクラブはないと思うよ」

 初代ロナウドから“残留がベスト”とのお墨付きをもらったクリスティアーノ。コンフェデレーションズカップに参加していたポルトガル代表が準決勝で敗退し、その去就を巡る動きがいよいよ本格化すると見られるが、希代のゴールマシンはどんな決断を下すのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/29(木) 18:14
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新