ここから本文です

C・ロナウドが“双子誕生”を報告! 代理母かは非公表も「ようやく子供たちに会える」

6/29(木) 15:17配信

SOCCER DIGEST Web

これまでノーコメントを貫いてきたが息子誕生を認める。

 レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWのクリスチアーノ・ロナウドが、噂に上がっていた双子誕生をついに認めた。
 
 C・ロナウドは今月に入って、アメリカ在住の代理母による双子誕生が報じられてきたが、これまでは同件に関してノーコメントを貫いてきた。しかし、現地時間6月28日、PK戦の末にチリに敗れたコンフェデレーションズ・カップ準決勝の試合後、自身のフェイスブックでこう報告したのだ。
 
「僕には2人の息子が生まれたけど、いつも通り身も心もポルトガル代表に捧げてきた。残念ながら(コンフェデ優勝という)目標を達成できなかったけど、僕らはポルトガルに喜びを与え続けられると確信している」
 
 母親が誰なのか、代理母による出産なのかは明らかにしていないが、「2人の息子が生まれた」と双子誕生を初めて認めた格好となった。
 
 なお、『マルカ』紙によると、ポルトガル・サッカー連盟の広報は、「我々はクリスチアーノが双子の父親になったことを、大会前に知らされていた。でも彼は代表チームのために戦ってくれた」とコメント。7月2日には3位決定戦が待っているがこのままチームを離脱し、双子に会いに行くことを許可したという。
 
 これに関してC・ロナウドは、同じくフェイスブックで「連盟会長と監督、チームの心遣いに感謝したい。やっと子供たちに会えるから嬉しいよ」とコメントしている。
 
 C・ロナウドには2010年に誕生した長男クリスチアーノ・ロナウド・ジュニア(母親は非公表)がおり、さらに現在交際中の恋人ジョージナ・ロドリゲスにも妊娠説が浮上している。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:6/29(木) 15:20
SOCCER DIGEST Web