ここから本文です

上院共和党のオバマケア代替案はエイリアンより信用できない!?

6/29(木) 15:17配信

ニューズウィーク日本版

<トランプ大統領の支持率も大きく下回る「史上最も不人気」な法案をどうするのか>

米共和党の上院指導部が先週発表した医療保険制度改革案(オバマケア代替法案)は驚くほど不人気だ。

試しに街行く人々に2つの質問をしてみるといい。
1)上院共和党のオバマケア代替案を支持するか
2)ロッキー山脈に住む山男ビッグフットを信じるか

1)よりも2)に「イエス」と答える人が多いはずだ。

支持率が30%台で低迷するドナルド・トランプ米大統領をはるかに下回る支持率だ。

【参考記事】撤廃寸前のオバマケアに加入者殺到の怪

下院で可決されたオバマケア改廃案に共和党のミッチ・マコネル院内総務が中心となって修正を加えたこの法案は、低所得層向けの給付を削って富裕層の保険料負担を減らそうというもの。米議会予算局の試算では、この法案が成立すれば、無保険者は2026年までに今より2200万人増えて、推定4600万人に達する見通し。

USAトゥデーと米サフォーク大学が実施した最新の世論調査では、この法案の支持率はわずか12%。

【参考記事】オバマケア廃止・代替案のあからさまな低所得層差別

共和党の上院議員は、これほど世論に嫌われる法案に賛成票を投じる勇気があるだろうか。この法案を支持するアメリカ人より、伝説の山男や胡散臭い陰謀論を信じるアメリカ人のほうが多い。民主党系調査機関パブリック・ポリシー・ポーリングの13年の調査結果によると──。

■ビッグフットの存在を信じているアメリカ人は14%

■製薬会社は儲けるために病気を作っていると考えるアメリカ人15%

■「バラク・オバマ=反キリスト」説を信じるアメリカ人は13%

■1940年代にニューメキシコ州ロズウェルにUFOが墜落したが、米政府はそれを隠していると信じているアメリカ人は21%

■政府とメディアはテレビでサブリミナル映像を流して国民をマインドコントロールしようとしていると信じるアメリカ人は15%

【参考記事】NASA火星の大発見にも「陰謀」を疑うアメリカ人

代替案に勝てるのはレプティリアン仮説だけ:

エイリアンの存在を信じている人も、上院共和党案の支持者よりはるかに多い。世論調査機関ユーガブの15年の調査によると、アメリカ人の54%が高度な知性を持つ地球外生命体の存在を信じている。

トランプが以前に広めた根も葉もないデマを信じている人も、共和党案を支持する人より多い。ユーガブの16年の調査では、アメリカ人の36%がオバマはケニア生まれだと信じ、31%が自閉症の原因はワクチンだと信じていた。

ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)などが28日に発表した調査結果によると、上院共和党の改廃法案は史上最も不人気な法案の一つ。

だが一つだけ救いがある。人間のような姿をしたトカゲ人が地球を支配しているという「レプティリアン陰謀説」を信じるのはアメリカ人の4%。

上院共和党のオバマケア改廃案はそれよりはましだ。

ティム・マーシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-10・24号
10/17発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。

Yahoo!ニュースからのお知らせ