ここから本文です

元英代表MFが現役引退。チェルシーやトッテナムでプレー…20年のキャリアに幕

6/29(木) 8:40配信

フットボールチャンネル

 イングランド2部のフラムに所属している36歳の元イングランド代表MFスコット・パーカーが今季限りでの現役引退を表明した。28日に英メディア『BBC』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 同メディアによると、パーカーは現役引退を決断した理由について「私の人生、キャリアにおいて、今が次の章に進む正しいタイミングだと考えた」と述べたという。かつてチェルシーやニューカッスル、ウェスト・ハムやトッテナムなどでプレーしてきたパーカー。

 2010/2011シーズンはウェスト・ハムで輝きを放ち、FWA年間最優秀選手賞を受賞した。イングランド代表としては2003年11月に行われたデンマーク代表との親善試合でデビューを果たし、これまでに通算18試合の出場経験がある。英紙『デイリー・メール』によると、引退後はトッテナムのアカデミーコーチに就任する予定で、現在交渉を行なっている段階のようだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)