ここから本文です

京都MF吉野恭平、差別的発言で出場停止&罰金処分。クラブからは減給

6/29(木) 18:25配信

フットボールチャンネル

 日本サッカー協会(JFA)は29日、J2の京都サンガF.C.に所属するMF吉野恭平が天皇杯の試合で規律違反を犯したとして処分を科す決定を下した。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 発表によれば、吉野は21日に行われた天皇杯2回戦のアスルクラロ沼津戦で相手選手に対して差別的な発言を行ったとのこと。JFAの懲罰基準における「差別―人種、肌の色、性別、言語、宗教、又は出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言又は行為により、個人あるいは団体の尊厳を害した場合」に該当すると判断された。

 吉野に対しては出場停止3試合および罰金15万円の処分が下される。京都は沼津に敗れて天皇杯で敗退したため、出場停止はJ2のリーグ戦で適用され、7月1日の第21節ザスパクサツ群馬戦、9日の第22節FC岐阜戦、16日の第23節徳島ヴォルティス戦が対象となる。

 クラブは公式ウェブサイトで、「当事者はもちろんのことアスルクラロ沼津の選手、関係者の皆さまの心を深く傷つけてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」と吉野の行為について謝罪文を掲載。同選手に対して減給および社会奉仕活動への参加を命じたことを明らかにしている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)