ここから本文です

マイナーチェンジを受けたホンダ・フィット。内・外装のポイントは?

6/29(木) 18:13配信

clicccar

ホンダ・フィットの今回のマイナーチェンジでは、前後バンパーの意匠変更をはじめ、インラインタイプのLEDヘッドライトを設定するなど、スポーティかつ先進性を感じさせる顔つきになっています。

【この記事に関連する別の画像を見る】



「HYBRID・S Honda SENSING」、「RS・Honda SENSING」、「13G・S Honda SENSING」は、張り出し感のある専用バンパーや、大型テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュなどにより、さらにスポーティなたたずまいに。ディーラーオプションで用意されている「CROSS STYLE」も個性を求めるユーザーに注目を浴びそうです。



内装では、上質感にこだわったという「HYBRID・L Honda SENSING」に本革のような風合いや肌触りの素材を使用した「プレミアムブラウン・インテリア」を設定。シートやステアリングホイール、ドアパネルパッドなどにブラウンが配され、高い質感を抱かせるキャビンに仕上げられています。



なお、フィットの特徴であるチップアップ&ダイブダウン機構付「6:4分割可倒式リヤシート(跳ね上げ式のウルトラシートも踏襲)」は一部グレードをのぞいて踏襲されていて、広い後席と積載性の高さは健在です。※「HYBRID」のみ「一体可倒式」。





ボディカラーは、「ルージュアメジスト・メタリック」、「スカイライドブルー・メタリック」、「プレミアムアガットブラウン・パール」の新規開発色3色が追加されたほか、「プレミアムイエロー・パールII」、「ルナシルバー・メタリック」、「シャイニンググレー・メタリック」の新色を含む全12色が用意されています。



(塚田勝弘)

最終更新:6/29(木) 18:13
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)