ここから本文です

「ブルガリ リゾート バリ」で味わう 噂の凄腕シェフが手がけるイタリアン

6/29(木) 12:01配信

CREA WEB

銀座の星付き名店がバリにもお目見え

 バリ島はリゾートラヴァーたちの楽園である。あまたあるハイエンドなホテルの頂点に君臨するのが「ブルガリ リゾート バリ」だ。ここでの滞在は敷地内だけでコンプリートする。それほどヴィラと施設の充実は際立っているのである。

 2017年5月4日、このゴージャス極まりないリゾートに、さらに新しい魅力が加わった。ミシュランスターを保持する東京・銀座のイタリアン・レストラン「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」がバリ島にもオープンしたのである。

 北イタリアのトレヴィーゾに生まれたルカ・ファンティン氏は、2009年から東京・銀座の旗艦店「ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン」を拠点にして活躍している。

 その経歴は華々しい。2000年に料理専門学校を卒業すると、ミラノの名店「クラッコ」を皮切りに、スペイン、サン・セバスチャンの泣く子も黙る「アケラレ」や「ムガリッツ」など、イタリア内外の世界トップクラスのレストランで研鑽を積んだ。

 2006年には、ローマの名店として名高い3ツ星レストラン「ラ・ペルゴラ」の副料理長に就任したというから、それだけでもいかに“凄腕”かが知れるだろう。

 2011年には、日本におけるイタリア人シェフとして、唯一のミシュランスターを付与され、それを保持しつづけている。

 イタリア料理のガイドブック「イデンティタ・ゴローゼ2015」によって、「最優秀シェフ賞」を受賞。2016年11月には、イタリア本国ではバイブルとされるレストランガイドを発行するガンベロ・ロッソ社により、「トップ イタリアン レストラン2017」を受賞した。

 2009年、東京に着任したファンティン氏は、食材を求めて、日本の津々浦々へと足を運んだという。彼に必要だったのは、日本の食材で、新しいイタリア料理を創造することだった。いわば、イタリア料理の新しい解釈とも言えるだろう。

 高名なイタリアの料理評論家のアンドレア・ペトリーニ氏は、ファンティン氏の料理をこう評する。

「ファンティンの料理は、繊細な風味を控えめに用いることから、完全にイタリア的であり、かつ日本的だといえます。研ぎ澄まされたミニマリズムで感動を与え、コンテンポラリーであると同時にタイムレスでもあります。彼は、食材を使って調理する以上のことをしています。味覚と審美眼について彼が受けた教育と、その記憶を呼び覚ます痕跡との深いつながりを創り出しているのです」

1/3ページ

最終更新:6/29(木) 15:06
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」

Yahoo!ニュースからのお知らせ